2018年07月03日

テロ対策特殊装備展(SEECAT)と危機管理産業展(RISCON TOKYO)

事務局さん商売が上手いな

もう、募集締め切った、両展示会だが、大阪地震を受け
国民の防災対策の甘さ、特に震源地地域での対策不備を感じたのか
追加出展社募集はじめてた。

正直な話で、個人、個々で防災対策はしておいた方が良い。

今回は大阪での対応が主だったから、京都や奈良、兵庫での震災対応も
比較的短時間で対応でき復旧できたが、広範囲が被災地域となる大規模災害が発生すると

首都圏の対応だけでも、応対する企業や行政の手はパンクして
地方都市での災害復旧は、とんでもないレベルで遅れる事になる。


神戸で被災した時は、都市部での復旧は2週間、東北での東京は2日、北大阪は3日だったが
同時に、停電・断水・ガス停止が起きているエリアを見続けていると
最長3ヶ月復旧できていない地域が存在している。(兵庫長田、東北や千葉など)

つまり、災害規模が広ければ広いほど、主要都市や重要ではない場所での
災害復旧速度が遅くなる
と言う事が挙げられる。


東南海・南海トラフ大地震で、復旧が遅れると思われるのは
1週間~2ヶ月
宮崎、大分、愛媛、高知、徳島、奈良、三重

これらの地域での防災対策は、個人レベルで対応しておかないと
重被害地域の災害復興に注力すると、地方は遅れる結果になる。


と言う事で、対策を取り上げる上記展示会は視察しておいた方が良いと言う事です。




静岡と和歌山と愛知・・・

仙台・宮城の比じゃない甚大な被害状況になる。
その3都道府県だけで震災の予想死傷者数の6割に相当する被害になる。

その被害者数は東日本大震災の 12.8倍 なので
災害復旧とか言うレベルを超える。

33mの津波では建物や人も生きている方が、困難。
2階建ての一軒家に重量 660t の小型貨物タンカーがぶつかってくるようなエネルギー




!! オススメ !!



同じカテゴリー(雑記)の記事画像
今日のベルトサンダーの感想
習近平、国家主席を暗殺するなら?
理想と現実、3Dプリント銃
誘惑に負けて・・・02
非武装のグランド・ドローンが戦場を変える。
今のMicrosoftが如何に狂っているか?
同じカテゴリー(雑記)の記事
 テロ対策特殊装備展 SEECAT 2018の開催 (2018-09-19 08:17)
 今年は盛り上がりそうな危機管理産業展RISCONとSEECAT (2018-09-18 10:22)
 注目中 (2018-09-15 10:58)
 よー、生きてる? (2018-09-04 22:39)
 今日のベルトサンダーの感想 (2018-09-01 23:27)
 やっぱり違うのか (2018-09-01 22:29)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。