2018年01月30日

自作の「高軌道自転車」11 リアとスイングアーム周り

ホイールベースが長くなると、安定性は向上するが、回旋半径が大きくなる。
配置イメージ2 後ろよりの方がカッコは良い
見た目は、ドラッグカーのようでカッコイイ


配置イメージ
短いと、自転車的でそんなに違和感が無い・・・
ここに付けられれば良いけど、スプロケットなど付けていて、この位置は無理っぽい。


クローラーホイール部品他
ネジ・ビス・ボルト・ナット・ワッシャーをとりあえず色々購入してきた。


安心のシマノ部品
リア用のスプロケット(歯車)とディスクブレーキを購入。
安心、安定のシマノ製


メカニカルディスクブレーキ、悪くない。
リアディスクブレーキをインストール。
しかし、ブレーキを掛けて気がついたけど、この位置でブレーキ掛けても
クローラーが止まらなかった。

理由は、ハブがラッチつきなので、軸でブレーキ掛けても前進する。
クローラーの軸自体に、ブレーキディスクが付いていなければ意味がなかった。
いきなり、難易度さんがアップを始めた。


シマノ・リアハブの一般品、ディスク対応
リアスプロケットはここに通される(上の部分)こうなっているのか~
ここまで、分解してメンテナンスなんてしないからな、大体の場合は買った方が安いので・・・


キャリアやリフレクタ、ブレーキ、スプロケット
ここから、溶接してスイングアームやチェーンやテンショナーなど製図しての作業が必要な工程に入った。

とりあえず、スイングアームとクローラーブラケットを作る必要がある。



今日も、雪上走行の動画見ていて、左右のバランスが必要だと感じた。
モービルなんかは、3点支持で三輪なので左右に倒れ難い。
一方、GUNMA-17 (人気上がり調子のユーチューバー)さんの動画を見ていると、バイク改造の
モービルはかなり危ないマシンになっていた。

やはり、3輪にすべきだろうか・・・・


  


2018年01月19日

自作の「高軌道自転車」10 状況

週間天気では、また来週に大寒波が来ると言う事です。

高軌道自転車はまだ、SUS板やSUSパイプなど
フレームと足回りに必要な材料が購入または調達不足しているので
今週末だけでは、完成しない。


ですが、あと2週くらいで何とか走行できる所までは持って行きたいと考えています。

それに、今後はサイクルカーゴ(キャリアー・牽引台車)なんかも作りたいと思っています。
雪山にサイクルキャンプに行きたい。

スノーモービルでソリを引いてテントやストーブ載せて雪山に行くアレの
自転車版なら国内でもOKな筈なので(後で法律関係は調べておきますけど)


もう少しです、今週末も家の断熱強化と自転車を作ってるかな~  


2018年01月16日

自作の「高軌道自転車」09 フロントブレーキ周り

ブレーキも付けるのは初めてですが、こういう構造だったんですね~




最近は、何でも買ってきてたら終わりの物が多いですし
忙しくて時間取れず、ショップに全部任せていたので
構造や部品をあまり考えていませんでした。(お金で解決してたw)


今回は、ローコストでスタイリッシュが1つのコンセプトですし
中古や格安を組み合わせてやっていますので、部品選定が大変です。

前後輪共にブレーキを考えていなかったので「イヤ、ブレーキは流石に必要だろ」と
言われたので、急遽用意して作る事に・・・



メカニカル(機械式)のディスクキャリパーです。

普通は油圧式なのですが、コスト!です。
油圧以外のブレーキは使った事が無かったのですが、機械式も悪くないですね。
ワイヤーが伸びると調整が必要な事や、ワイヤーが消耗品である事
油圧よりも制動性(静止力)が低い事が問題になりますが、今回のモノは高速車両ではないので
問題にはならないでしょう。



後輪は、クローラーなので意味が分かりませんが、なんとなく左右非対称がイヤだったので
左右でブレーキを調達しました。
もしかすると、左手のブレーキレバー(後輪用)は用途を変えるかもしれません。
または、クローラー用のブレーキにするか?

一応、後輪のスイングアームにワイヤーは通していますけど




そして、良い感じに雪がたまって来たので、早く完成させたい。

  


2018年01月12日

自作の「高軌道自転車」08 フロントホイール周り

中古で落札したMTB用フロントホイール。
¥100~¥1000でも色々あるので、今回2本落札して用意した。(1個は予備に回す)

26-2.2 HE MTB Disc

欲しいのはリム、ホイール、有ればディスクブレーキだけなので
付属していた年数不明のタイヤは取り外して廃棄する。

ちなみに、このチューブは米式が付いていた。
皆好き勝手なチューブを使っているな~


少しワイドなタイヤ26型  2.2サイズ
スポークのフレ(ブレ)は触っていないが、リムシールも廃棄して、手組みに近いタイヤ交換を実施。

古いチューブ、タイヤ、シールテープも廃棄して、ホイール全体を清掃
シールテープを貼り、タイヤ取り付け、その後、チューブの差込、空気入れを行なった。

初めてMTBのタイヤ交換やったので、時間が掛かったし「タイヤレバー」と言う工具が無かったので
作業が余計に時間が掛かった。


泥除け
泥除けも、フロントフォークに付属していたのでコレを流用。
自転車もう1台分位、材料が集まりそうで怖い

中古オークション品が多数なので合計金額は安いけど、中古格安の自転車1台分は使っているかも?

ともかく、ブレーキ以外で前輪側にする事は後は前照灯だけだろう。


///////////////////////////////
良く見たら、ブログの読者登録が 37名に、目指せ 読者登録100名?  


Posted by sinn-te  at 09:11Comments(0)装備品防災設備と機器

2018年01月11日

自作の「高軌道自転車」07 ギア比

実験で家のシティーサイクル(ママチャリ)を速めに漕いで2kmほど走った。
結果は、時速20Kmで走行できた。

この自転車は、シングル(1枚)スプロケットで変速ギア無しなので、この位

ギア比をメーカー仕様から調べると
クランク側 32T
リアホイール側 14T
ギア比 2.286:1


逆算して タイヤと脚の回転数を出すと
タイヤ 2.571 rps
脚 1.125 rps
となった。
タイヤ直径26型のサイクル


ここから、後輪がクローラー(無限軌道)になった時の回転数に
当てなおすと、クローラーは120mm-60mmx22コマ
履帯長では1320mmだが、スプロケットのホイール径では120mmしかない。
円周377mmのタイヤだ。


これで、秒速5.55m出す必要がある。

クローラーの必要な回転数14.736 rps 位が目標値

・・・・これが、また無理なギア比で
42T : 12T
42T : 12T
1:12.25
脚の回転数を掛けて12.25*1.125 rps = 13.78125 rps
時速 18.7km

ヤッパリ、2段必要なのか~しかも結構大口径のギア
これは、大変な作業になるな。
-------------------------------------------------------------------------------------
リムシールにタイヤにチューブ

前輪用のタイヤとチューブ、リムシールテープが到着したが、間違って仏を買った。

要らぬミスだ。

タイヤチューブの接続口、空気入れ口は英、米、仏があって、一般的には英式が採用されている。
通販サイトの「プルダウン」メニューで間違って仏を選んだ結果だが・・・
まあ、空気は入れられるから、このまま採用して我慢するけど、何この自転車業界の面倒な仕様!!!

今日は、帰ったら、ホイールを作ろう。  


Posted by sinn-te  at 12:55Comments(0)装備品防災設備と機器