2017年06月15日

ステッチ&グルー工法 自作船01

最新の図面で1/1だと板厚5.5mmのベニアを想定しているので、1/10スケールで
板厚0.5mmのバルサ材木を使い模型を作りました。

設計は合っているようですが、形状の不安定さを感じます。
少し、補強をしっかりやらなければ、丈夫な船にならない気がします。

ステッチアンドグルー

この接着の目が「ステッチ&グルー」のグルー部分です。
ステッチは、針金やダクトテープ、結束バンドなどでも代用可能です。

  


2017年01月30日

船外機レストア 10 レストアしないの?て

船外機進めないの?

て?

アホか~~~~

外は大雪降ってるし、地面は霜柱と凍り張っているし
ライフジャケットにドライスーツ着ても、船上で普通に凍りつくわ!


暖かくなったら、船用意して再開するけど、あと半年は船外機と船舶系は
特に何もしない予定。

コンソール(操作盤)とかスロットルは作れるだろうけど何より、寒いので
テンションが上がらない。
  


2017年01月24日

2016年11月28日

えっ?晩御飯はレーションですが何か?



何もおかしい事は無い。

レーションの蓋を開けて、湯煎で温めご飯と一緒に頂く
本当に日本人で良かった…


米軍のMRE のメニュー1知ってるか?

メニュー1(イハー!)
チリビーンズ(味の薄い煮豆)
コーンブレッド(お通じを考えて繊維量の多いコーン粉パン、パサッパサ)
チェダーチーズスプレッド(チーズパン、カッチカチの高カロリー)
クラッカー(未だ水分を奪うパサパサのクラッカー、服と手が粉粉になる)
チーズスナック(えっ、さっきからチーズ3品目だよ?)
炭水化物要塞飲料パウダー(駄菓子屋のジュース)
です。

これを、この間、また食べて
今日、陸自のレーションを食べたけど食事の前に手を合わせて
深く「頂きます」と感謝をしたくなる。

  


2016年11月19日

東南海地震にも通用する津波3原則

朝の9:00~色々別の種類の鳥が電線に大量にとまって、延々と鳴き続けて居るから
変だと思いながら、色々週末の作業をしていたら11:48になって、震度3~3+の地震が来た。

と言う事は鳥は地震を予兆していたと思われるので、何時まで泣き続けるか?

鳴いている間は、本震くるかも?と思いながら観測していると
地震発生から10分後位に、一気に鳴き止んでバラバラの方向に飛んで行った。

今度、鳥が大量に鳴き始めたら注意が必要です。


東南海は、分かっていても死者数が止められないので
一人でも多く生存する為には、全力での避難をオススメします。


http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg14286.html

「想定を信じるな」
「状況に置いての最善を尽くせ」
「率先者たれ」


「18分で津波が到達する」と言う事は、速い所で20分でも死者が出始めると言う事なので
いかに早く、避難を開始して高台へ向かうか?になりますが

地震発生の瞬間から「徒歩」で避難した場合、時速3㎞だと
直線で「900m」までしか逃げられません。

18分間を全工程走りきる事が出来て、やっと「5㎞」まで避難できます。

となると、900m範囲内での最も頑丈で高層の建物や
避難場所へ逃げる事が期待される最善の対策になるかもしれない。


二つの想定外は
「津波到達時間が想定より短い」=避難場所は遠すぎると間に合わない可能性がある。
「津波の予想高さが想定より高い」=ビル7階建て相当としているが、9階相当の場合など