2017年10月27日

スター電器 RED GO 120 SSY-122R レッドゴー溶接機改造 03

必要とする電力(WやVA)が「一定(最大値が同じ)」ならば

電圧が高ければ電流は少なくて済む
電圧が低ければ電流は多く流す必要がある。

電線(ケーブル)の太さは、太い方が電流を多く流せる。
細いと電流が流せない。


110Aの電流を流すには、22SQ(断面積22mm2=単線で直径5.3mm=より線で直径7.0mm)が必要だ。

AC100Vの安物コンセントに使われるのは
1.25mm2 これは電流が19A流せるので、一般的なブレーカーAC100V 15A 1500Wにはギリギリ適合する。

ただ、少し心配なので良いメーカーは1つサイズの大きい
2.0mm2 を使う、これなら27Aまで流せるので約1.8倍の安全マージンを見ている計算になる。


これらは、電圧が(ACだが100Vと)高い為、この太さでも十分仕事をする。
しかし、溶接機の2次(溶接)側は、ACまたはDCで12V~50Vと低電圧だ。

つまり、熱量を生むには、相当な電流を流さなければ、熱にならない。

電流は
80A = ルナ80など
100A = アイマックス120やスターク120、レッドゴーアーク120など
160A = アーキュリー160、アイミーゴ、アークウェイ150など
このクラスの電流を流すには、非常に太い電線が必要だ。

電線の太さは、導体断面積をmm2(平方ミリメートル=SQとも言う)で書いてある場合と
AWG(アメリカン・ワイヤー・サイズ)で書いてある場合、導体の直径(φ5.5mmなど)で書いてある場合がある。

ケーブルの流せる電流は
SQ8 8.6mm 74A
SQ14 9.5mm 105A
SQ22 11.0mm 135A
SQ38 13.0mm 190A
SQ60 16.0mm 260A
SQ100 20.0mm 365A
SQ150 23.0mm 480A
SQ200 26.0mm 560A

ルナ80でもSQ8以上が必要で、通常はSQ22~SQ38が無ければ十分な電流が取り出せない。
業務用溶接機であればSQ60は必要だ。

ついでに言えば、自分が持っている圧着工具は最大でSQ 8までで、それ以上の電線なんて
使う機会が無い・・・そう思っていましたw




SUZUKIDのレッドゴー120アーク溶接機の出力ケーブルは・・・SQ 8相当でした・・・?
あれ?この機種 電流110Aですよね?
SQ・・・8?
(つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚) ・・・アレ?


分かった、まず、ケーブルを変えましょう
  


2017年07月28日

ここ1ヶ月の地震と規模の情報



大雨洪水被害で少し意識が遠のいていますが
先週も少しゆれたので、調べて見ると、1ヶ月で結構頻度が増している感じがしました。

AIに全データ入れてみて、深層学習させて
直近で地震が何処で、どの位の規模で、何パーセントの確率で発生するか?

演算させてみたいものだ。  


2017年06月15日

ステッチ&グルー工法 自作船01

最新の図面で1/1だと板厚5.5mmのベニアを想定しているので、1/10スケールで
板厚0.5mmのバルサ材木を使い模型を作りました。

設計は合っているようですが、形状の不安定さを感じます。
少し、補強をしっかりやらなければ、丈夫な船にならない気がします。

ステッチアンドグルー

この接着の目が「ステッチ&グルー」のグルー部分です。
ステッチは、針金やダクトテープ、結束バンドなどでも代用可能です。

  


2017年01月30日

船外機レストア 10 レストアしないの?て

船外機進めないの?

て?

アホか~~~~

外は大雪降ってるし、地面は霜柱と凍り張っているし
ライフジャケットにドライスーツ着ても、船上で普通に凍りつくわ!


暖かくなったら、船用意して再開するけど、あと半年は船外機と船舶系は
特に何もしない予定。

コンソール(操作盤)とかスロットルは作れるだろうけど何より、寒いので
テンションが上がらない。
  


2017年01月24日