2017年01月26日

アウトドアの斧 アックス

小斧


アウトドアにおける斧の役目は、まき割りであり
木を切り倒す事や枝木を玉木にするのは、ノコギリの方が
速く効率的で力も使わない。

斧で「切る」事を行う場合、削り落とす分だけエネルギーも木材も無駄になる。
アウトドアにおける斧の仕事は「くさび」のように薪を割る事が仕事だと
考える方がよい。

ノコギリと斧の両方を持って行くのが面倒だと考える場合は
それこそノコギリと荒使い用ナイフの方が軽いし便利だ。




ノコギリで木を切り出し、ノコギリで玉木にして
斧で薪にするまたはナイフで薪にする。

と言う順番だ、ただ、ナイフの刃角だと木材を割り続けると
結構痛むのでやはり割る為の行為は斧の方がマシと言う事になる。

一晩分の薪の量は使い方にもよるが、大体25kg~50kg
焚き火が大きくなれば、細分化した薪である必要が無いので
全部を細かい薪にしてしまうと、燃焼効率が上がり炎が大きくなりすぎるし
物凄い速度で薪を消費する。

薪は
大きく太い=火がつき難いが、ついた場合長くゆっくり燃焼する。薪割りが簡単
小さく細い=火がつき易いが、高温で一気に燃焼する。薪割が面倒

と言う事なのだ。




ちなみに、刃の角度と斧自体の形状を見てもらえば分かると思いますが・・・
コレは、木を切ったり割ったりする為にデザインされた物ではありません。
ソレ用に特化した斧ですので、形状その物が威圧と戦意喪失を与えられれば良いかな~とも  


2016年01月10日

鉈の鞘 特徴

小型+薄型+高品位 =
「Kydex(カイデックス)成形」

KYDEX-KAI01
ホットプレートやヒートガン(エアドライヤーの強力な奴)
バーナー、コンロなどでカイデックスシートを200℃位に加熱すると
粘土やビニールシートのような柔らかさになるので、それを押さえつけて
冷却すると、プラスチックのような硬さで成形される。
失敗しても、また200℃にすると、板状になるので、もっとも使いやすい。
予算は材料費2000~3000円


頑丈+低コスト+見た目はこだわらない =
「PVC塩ビ管成形」




頑丈な塩ビ管を鞘にする場合、同じく200℃に加熱すると変形するが
特性上、カイデックスほど自由な形にはできない。
筒を角パイプや薄い楕円に潰す程度の成形で利用するのが多い。
水道管などの材料の為、丈夫で長持ちするが、衝撃では割れる事がある。
予算は200~500円
実用的だが…ダサイw


趣味+豪勢+実用性は低くても良い =
「皮縫製」

leather-KAI
時間と手間がかかるし、傷が着くし、痛む、寿命も短い。
最も装飾的に豪勢に作れる素材だが、実用と言うよりは過剰華美な装飾目的
価格も手間も最もかかる。
予算は3000~6000円


趣味+レトロ+オシャレ =
「木製加工」



昔から、塗りこそしないが、木鞘は使われてきた。
吸湿性があり、生木を切った時の樹液や水滴も、吸湿して、その内に蒸発するので
カイデックスやエンビ菅にはない、防湿=錆抑止効果がある。
外面をニスなどの塗料やオイルで仕上げれば、表面から湿気で腐る事も無く
少々の装飾的表現も出来る。
内側を削るのも、昔のようにノミなどを使わず、リューター、フライス、ルーターで削れば
一気に、短時間で作れるので、経済的
予算は1500~4000円  


2015年09月27日

鉈の木鞘自作 02 塗装

目止め材の砥の粉を使った方が、最終的には楽だった気がします。
塗装って、下準備が9割、塗装1割とか言われますし
最初の目が潰せていないので、研磨に時間がかかっています。


一応、#240は掛けていたんですけど
全然足りなかったようですね。

砥の粉でベッタリ塗って、肌を綺麗にしておくのが大事ですね。
(安い目止め材が売って無かったので・・・サフは塗装用ですけど役目が違いますし
ハーフボトルの砥の粉も欲しいです。)



下塗りにワックスを塗ってから、赤漆を3回塗っています。
其れから、黒漆を1回塗って、そこから平面を出す為に#240、#600、#1000で
赤漆が見えて平面になるまで、有る程度研磨しています。





鞘口の所は、あえて塗らずに、赤いままにしておこうかと
さて~あと黒漆を3回塗らないといけないので、月曜日の朝までかかるかな(仕事だろ、寝ろよ!w)


(パラコードで腰ひもを巻いてみたけど・・・弱い=見た目だけ弱い
パラコードは引っ張り強度が250㎏あるので物理的には強いですけど、組み合わせた時に
見た感じが弱い・・・何か考えよう)  


2015年09月26日

古鉈レストアもう一度鉈として…01’

乾燥待ちをしながら、また研ぎを行っていました。

ベルトサンダーは平面な様でも、差し金を当てると僅かに
コンベックスになっていたり、ホローになっていたりするので
#1000~#3000の砥石を当てると、凸凹が目立ちます。

気分で、かれこれ6時間目に突入しています。

どれだけ研いでも、研げているのか実感が無かったんですが
ブログの過去の画像と比較すると、研げている。と感じてきました。



こちらが、入手後1~2時間作業目の状態


これで4時間目


コレが今の状態



ついでに、ブルーイングして身の錆び発生を抑えています。
元々、軟鉄なので錆は出にくいようですけど、一応気分的な装飾として
黒染めにしてみました。


鞘の乾燥待ち・・・あと7時間もあるので
それが終わったら、#1000で研磨して、また塗装して8時間後に、もう一度研磨して・・・

今回は、速乾性では無いのです。
最後は24時間かかるので・・・ふふふっ

何をしているか?
分かりましたか?

ヒント1.乾燥に時間がかかる
ヒント2.輪島市で材料も購入してきた。
ヒント3.鉈の鞘を今を作っている。

明日の晩には、見せられると思います。  


2015年09月26日

鉈の木鞘自作 01

鉈の鞘が無かったので、鞘を作ろうと思うんですが
カイデックスのクリプテックとかマルチカムも在庫はあるので

KYDEX Kryptek Mandrake Camo Sheath 鉈とかタクティカル風に
してもいいですけど、今回は自分の作った刃物ではないので
倭の打ち刃物ならば、和風の鞘が良いだろう?と木鞘で作ろうかと

手持ちの木材では、グリップ用の短く小さい木や斧や槍の柄のような
長い樫の木しかないので、ちょっとお店に買いに行きました。

楓、栃の木があったので、それで板を確保して
全部同じ木でも良かったのですが、低予算にする為に
角材を切って1500円の予算で鞘を作ります。
(そこ!カイデックスの方が合計金額が安いとか言わない。
今気が付いたんだからw)


もし、形式がどうでも良いと考えているなら
カイデックス+ヒートガンの方が、寿命も品質も作業性も上で価格も安いので
素直にKydexを使う事をオススメします。



何故、木鞘を作ろうと思ったか?
は、輪島市に寄り道したせいです(意味深)


取り敢えず斬った木を並べてみた。
大体こんなもんでしょう?
隙間1㎜程度に仕上げます。




鉈を当てて隙間を調整して、片方ずつ接着します。
強度が必要なのは下だけなので、下は接着面積を大きく取りました。




片面の接着後に両面をクランプして鉈を入れると、少し厚み方向で干渉しているようです。
刃厚が7.6㎜あるようで、板厚6.5㎜から1.0~1.1㎜削る必要があります。

そんな気がしていたので、一気に両面の接着をしていません。
保険が効いて良かった。
隙間からノミで削ったり、ヤスリでこするのは時間かかるので嫌だったのです。




作業時間を効率化する為に、真田留めを固定しておきます。
ここまでが昨日の作業です。




今朝から、ルーターを取り出して作業再開。
1.0㎜だけ刃を出して、一気に削ります。
絶対にコレが早い。
職人さんも鞘作る時に荒削りはルーター使えば良いのに…ここまで削るのに
5分かからないですから




板厚が7㎜なのは根元だけで、刃先は5㎜位になるので
溝彫りは先端までやりません。
その方が刃が暴れにくいのです。




角鞘でも良いのですが、今回はRとって丸くしていきます。




側面のD C B A とか|の線は鞘のズレが出ていないか?確認する為のものです。
まあまあ、精度が必要な作業ですので、マーキングしておきました。
これから、鞘を丸く削ります。




ベルトサンダーがあるので、一瞬なんですけどね~
細かな仕上げはヤスリと紙やすりで行います。




#240でとりあえず、綺麗にしておきました。




後は、仕上げをしていくだけですね・・・