2018年08月19日

よーし、ヤスリをレストアするよ~と思ったか?03



とりあえず、このヤスリの板厚に合うように、タングをステンレスで付け直します。




溶接設定は、ステンレスの4mm~5mm用
開先を45°両面にして、接続部分を1mm開けて固定する。

溶接棒は、本来2.6~3.0mmを使わなければいけないのですが
在庫していなかったので
(7㎜以上のSUSを溶接する事は無いと思って居たし)

2.0㎜のノンスパッタ型アーク溶接棒でやります。
溶けが悪いのが嫌だっだので、2.0mmの上限に近い98A
溶け込みを狙って、ネガが溶接棒、ポジが母材です。
(反対にすると、広がるらしいけど…実感はないし、主に溶け込ませるのが溶接だと思うので)




溶接すると、少し食われる?=目減りするので
チッピングハンマーとワイヤーブラシで被膜を落とし、グラインダーで
凹ませて、もう一度盛り直す。

盛った部分は、鉄鋼>ステンレスになるので強度が上がっているのを感じる。




其処からもう一度、最終成形でグラインダーを掛けて
タングの修正は完了。




シームレスに、SUS304のW14mm x T9.0mm x L120mmが
ヤスリに繋がっている。

が...心が折れました。

調子に乗って、この状態で、木に叩き付けていました。
実は、鋳鋼は炭素量と製法の関係で衝撃に弱いのです。

キ~ン!
え~~~~~~~~~





ガラスみたいな音で割れた~~~~
さて、どうする?

折れたのは心と鋼だが。・。・。・。・。

溶接する?でも、そこだけステンレス?
やっぱり、焼き鈍しをして柔らかくすべきだった?
鋳鋼を鍛造やナマスとか聞いた事がない。

鋳鉄はそもそも、量産用で微細化されていないし、分子構造も
鍛造とは違うけど・・・うん~~~

とりあえず、ダメ元で260℃で思いっきり焼き戻しだけしてみよう
焼き鈍しする設備的な物は無いし、結果が出ない可能性の方が高いので

オーブンの限界温度が260℃なので20~30分間、焼き戻しだ。
HRCは57~59まで鈍っても、割れるよりはマシだ。


今から焼こう!!!  


2018年08月18日

サンディングベルトが在庫切れていた

丁度、削ろうと思って居たのに、エンドレスサンディングベルトが切らしていた。
最後に家具を作って、結構使ったのに買い忘れていたからな~

急いで#80買うついでにセット品の120/240/400/800が有ったので
10枚ずつ買い足しておいた。

日曜に届けば、ありがたいが・・・まあ、無理だろうな  


Posted by sinn-te  at 23:50Comments(0)工具・工作機械ベルトサンダー

2018年07月02日

修理中にコンプレッサー吹き飛ぶ

コンプレッサーの修理用に、待っていたACコンデンサーが到着しました・・・
なぜ、調達に、1ヶ月以上、こんなに掛かったのか?

誤って中国の会社から購入してしまった事が原因です。

そして、コンデンサー交換後、コンプレッサーを始動しました。
吹き上がりが良く、良好に気圧が上がり、5MPaまでは順調に来ました。
そうすると、なにやら「シュー」と聞きなれないエア漏れのような音が・・・?


室内に「ボン!」と言う音と共に立ち上る白煙、そして異臭
落ちる回転数、煙が上がるコンプレッサに手を伸ばし、すかさず電源をOFFに
そして、コンセントも引っこ抜き

緊急避難・・・


Faxx!!!

(嫌な予感はした、中華コンデンサー、中国からの配送、偽物コンデンサーなども
話として良く聞く・・・まさか自分が)

(写真の偽コンデンサー、こう言うのが、海外から出回っている。
間違って使うと、性能が出ないばかりか、故障の原因となる
本来は、信頼できるメーカーから購入すべきだが、2016年~2018年現在
コンデンサーの供給が遅れており、流通量が激減している・・・そこで、探した結果仕方なく
通販での購入になったが・・・)


コンプレッサーのモーターが、筐体が、内部が・・・部屋が酷い事に
Amazonで海外電子部品なんて買うもんじゃない・・・

「Amazonは写真の送れ、部品は交換してやる」と言っているが
コンデンサーのせいで燃えたコンプレッサーが交換された部品で修理できるわけではない。

落ち着いたら、烈火のごとくクレーム言おうかな  


2018年06月11日

日立ベビーコンプレッサPA800Sレストア 02

左列のカテゴリー分類でコンプレッサーなどの空圧工具エアツールのカテゴリーと
溶接機、プラズマカッター、TIGなどの為の溶接カテゴリーを作って登録し直してます。



元から、作業場でのエアツール利用を想定しているので、分岐用エアカプラーも増設



スパイラルホースも増やして、テストしたが、問題なく使えそうだ。
しかし、スパイラルエアホースの3mって・・・・総長が3mって事なのねw
短い!!
巻いた状態で3mと思って購入したら、思ったより短くてびっくりした。
5mでも1m位しか無いと思う。

設備的にはもう少し長い物が必要だろうな。


上記まで、組んで、エアーを一旦全部抜いてから再始動すると
やはり、空気が流れる部分(ホースやカプラ)が増えた分だけ、気圧が上がるのが遅くなった。
元々のタンク容量が低いので、0.7MPaでエアダスターを多用すると、直ぐにエア切れを起こす。

数分も使えない事から考えると、もっとタンク容量を増やすべきだろう。
せめて今の倍は必要だ。

連続運転時間が30分以下と指定されているが、前/前々のオーナーがオーバーヒートさせて
ケーブルを溶かしていたのは、運用時間をオーバーさせた結果だと思われる。

また、オーバーヒートで銅線が加熱するのも、配線に利用されているケーブルがSQ0.75で
定格連続運転の電圧と電流に対応できていない為だ。

連続定格の場合はVCTFのSQ0.75では1kw(10A)は流してはいけない事になっている。
(0.5A~0.7Aで500W~700Wまで)

つまり「連続で使わなければ発熱放熱するから、大丈夫」で設計されているモノを
半連続状態で利用した為に、ケーブルが発熱して、金属部分や樹脂部分に張り付き溶融
その結果、ケーブル内のワイヤーが露出して、ショートの危険状態になったと考えられる。


また、設計上楽にする為に、コンプレッサー用のモーター軸から空冷ファンの動力を取っている。
この設計はグラインダーやインパクトドリルなどでも見られるが、最大の欠点は
本体が加熱していても、モーターへの通電が切れると冷却できない。

このような据え置き機器では、冷却は常時行う位で良い筈だ。

(改造した溶接機も、冷却ファンは常時オンにしている)


ケーブル交換とコンデンサー交換、圧力スイッチ交換、冷却ファン増設、シールし直し
これが、このベビコン エアパンチ PA800Sに必要な改善手術の内容ではないかな


因みに、今の所、コレだけやってますが、使った費用は
コンプレッサー本体 3000円
送料 1800円
ダスター 1200円
ホース 1000円
スパイラルホース 1200円
カプラ 1200円
レギュレーター 5000円
と、1.5万以下で環境が揃えれています。

1.2MPaベースの空圧工具環境が2万円以下なら、お得な買い物と言えるでしょう。
さて、残りの改修作業を進めなければ。  


2018年06月10日

日立ベビーコンプレッサPA800Sレストア 01

古すぎるモデルで、マニュアルも日立のメーカーWEBサイトに無く
手さぐりなので苦労しています。

しかし、古すぎるが故に、造りはシンプルで、この辺りが日本の昔の設計や製造者の考え方が
正常であった事を感じる点です。(今は外国人が設計して、外国で作り、質は・・・ですからね)



組み戻して、通電を行ったら、空気圧が上がらない。
これは、ドレインバルブが摩耗して空気が漏れていたからのようなので、一度分解して
ダイヤモンドヤスリで平面にして解決しました。


修正後に気圧は上がり始めましたが、空気の漏れる音がして
どうも、嵌合部分のシーリングがガタが出ているようです。
シールテープを巻きなおしたいですが、一旦はこのままテスト続行



格安のエアフィルターと水抜き付き調圧レギュレーター、それにテスト用のエアダスターを買ってきたので
エアーコンプレッサーでよく使われる圧力の0.4MPa(ガスガンやガス缶の圧力)を設定して
エアダスターを噴射!

勢いが有って、エアダスターらしい圧力を感じました。

次に、空圧工具で良く使われる圧力の0.7MPaをテスト
この辺りから、色々危険性が増すので、調整も慎重になる。

エアダスターの定格は0.8MPa以下
レギュレーターの定格は1.0MPa以下
エアホースの定格も1.0MPa以下
と、マージン(設計上の安全マージン)はあると思いますが危険性と言うのはその辺です。

0.7MPaでのエアダスターは、Co2レギュレーターの出力並で
安物のエアブロアーのように空気を放出している。
トリガーを引くとガスガンの発射音よりも大きい音がする。

この威力で、釘やサンダー、グラインダーが使える訳だ。
強力そうだ。