2017年01月24日

2016年06月05日

LiDARの見る世界

LiDAR (Light Detection and Ranging、Laser Imaging Detection and Ranging)ってすごいよね。
最初国内メーカーのセンサーで見た後、Googleの自動運転やDARPAのロボ
UAVなどで搭載されて、実際に実機を見る事も有ったのだけれど

アレだけで、世界が見える。

ヘルメットの上に付いている360度をかぶる事も有ったのだけれど
HMD通して自分の周囲360x64段階が俯瞰で見えている感覚って
非常に特殊なものだと感じた。

距離や凹凸まで見えるので俯瞰状態で歩けるし
欠点としてはNVからは「変なミラーボール全開で歩いてくる奴が居る」と
丸見えになる事位で、軍事利用じゃなければ、車やドローンに搭載して
マッピングさせる事に何の問題もない。


高解像度+高フレームレート版が高額である事や
混信する事、稼動部品が多く壊れやすいなど少々の問題は有るが
センサーの「眼」としては違う世界にあるデバイスだ。

  


Posted by sinn-te  at 08:08Comments(0)UAV・UMV・UBV・Drone

2016年02月23日

ドローン(無人機)による無差別テロ

ドローンによるテロに向けた対策が騒がれ
業界をリードしているのは警備業最大手である「セコム」で
それに続いて「アルソック」なども色々検討しているようだが

中東のテロリストや欧米のイスラム系に感化された英米圏の若いテロリストと
テクノロジーを駆使する東南アジアのテロリストでは性質が異なる。

欧米や中東系は「最後は力技」と言う所に尽き
最終被害数は予想の範囲内に収まる


だが、おそらく自分のような頭のオカシイ発想をする人間であれば
被害のレベルがゼロ1つから2つ被害が大きくなる。


その点から、日本の政府や官庁、警備業が考える防護策では
ドローンを使った大規模無差別テロを防ぐ事は出来ない。

なので、その防護方法を商売として提案する事はしないだろう。

(テロを未然に防げなかった事の免責が効かなくても良いなら
甘い汁を吸う為に、構成の薄い装置や機器を法外な値段で販売するが
自分が想定するドローンを用いたテロを自分自身で防ぐ方法が
無い以上、同じ考えのテロリストからの攻撃を防ぐ手段が無い為だ。)


警備屋や官庁に質問だが。

「全てのドローンにプロペラがある訳ではない事は知っているか?」
「全てのドローンが空を飛ぶものではない事は知っているか?」
「ドローンには電波や光などで制御が必要ではない事は知っているか?」
姿の見えないドローンが存在する事を知っているか?」
「ドローの活動限界は人間よりも広い、最大高度、水深、呼吸も必要ない事は知っているか?」

最後に「ドローンは1人一つではない事は?」

で?
防げるのかね?

おそらく、この質問に対する答えは沈黙になるだろう  


2015年07月24日

UAV、ドローンによる重犯罪・テロ行為と対応

自衛隊敷地内で、ドローンのデモしていた民間会社が
機体ロスト 紛失していましたね~
(何処の会社とは言いませんが)

彼らアレですけど・・・
//////////////////////////////////////////////
この国には技術+防衛・治安維持+安全管理ができる人材は非常に少ないです。

「ドローンの有識者」は安全管理や防衛・治安維持が全く解ってないし

「安全管理や防衛・治安維持の有識者」はドローンや技術への理解が低い。
(勉強すれば追いつく範囲だが)


で単純にソフト、ハード技術者では他の方が解ってない・・・と
知識に極端な集中が有って、それが現在の混乱を招いている。
将来必要なテクノロジーであって、研究や開発が必要な分野ではあるが!!!


絶対に必要な事は1にも2にも「社会と公共の安全」な訳ですから
まずは、滞空する全てのドローンを「強制排除する技術開発」を行い。
それから、ドローンの社会運用を認め推奨する。

この順番でなければ、全て後手に回り問題や被害が起きます。



飛行禁止や規制?=無視します。
GPSの制限?=ソフトで回避します。
銃や爆発物の搭載禁止?=無視します。

ほら?こんな人がテロを企てましたが、どうしますか?
対応できないでしょう?

ドローンを発見する音響・光学・映像技術=見つかってもテロを実行して人を殺します。
ドローンの無線通信を妨害する技術=自律飛行や他の誘導技術でテロを実行して人を殺します。


さあさあ、どうぞ、どうぞ被害を未然に防いでください。
できますか?

今の、世界の事情は米国や英国を除いて、そんなレベルです。


「銃で撃ち落す」と言うバカ発言も見ましたが・・・盾矛と言う番組見ましたか?
ラジコンヘリ VS エリートスナイパー 航空機の3D(立体起動)は、野生動物や人の
2D軌道とは1次元異なり、簡単に撃ち落とせないんです。

また、市街地では上空に撃った弾で、別の所で銃弾が飛来して被害が出ます。
中々難しいのが現状です。  

2015年07月23日

入らないwww

行き当たりばったり設計は、スピードが速くて楽しいけど
難しくも有るな~

モーターが入りませんでしたw
レイアウト変更で収め方を考えるか~

重心は上げられないので、重心位置はセンターで低くしないと・・・  


Posted by sinn-te  at 10:23Comments(0)UAV・UMV・UBV・Drone