2017年02月15日

フルオートのスリングショットか


スリングショット親父、何て物を作ってんだ。  

Posted by sinn-te  at 08:00Comments(0)クロスボウ・スリング

2017年02月04日

2017年01月12日

エアガンの107倍の威力、105J

T30 コンパウンドボウ
「 T30 カーボン・コンパウンド・ボウ 」
ギアヘッドアーチェリーから新製品のアナウンスが来ていました。
威力は105.75Jで実にエアソフトガンの107倍になる。


いつの間にか、ラインナップが大幅に増えてきていますね。

やはり、小型化とエネルギー効率は両立しないのかな~T18がかわいく見える。

確かに、各モデルで初速自体は99m秒と同等だが、コンパウンドの滑車による
摩擦抵抗が大型の弓よりも大きくなり、運動エネルギー(キネティック・エナジー)を損失している。

M30モデル=30インチ級(762mmサイズ)まで行けば運動エネルギーは114Jまで向上する。
しかし、760mmの全長になるとアサルトライフルのサイズでカービンよりも大きい。

元々、弓は1撃必殺(2射目は間に合わない)モノなので
1発にかける力が大きい方がいいのかな

http://gearheadarchery.com/


  


Posted by sinn-te  at 10:22Comments(3)クロスボウ・スリング

2016年12月27日

Horton リーコン 175 クロスボウ

2年ぶりだな~クリスマスプレゼントが届きました。
何を輸入していたかと言うと・・・


分解



分解~



分解~~~~



どこに、眠っていたのか?
デッドストックだったのか?

HORTON RECON 175 Crossbowの新品トリガーユニット(純正)




この部品、作りかけたのですが通常の和弓やアーチェリーの3倍
コンパウンドボウの2倍のエネルギーが掛かるトリガーユニットを実物も
見ずに複製したのを使う事に抵抗があったので、真鍮製のトリガーは
弓の変わりにスリングショットとして使って、封印していました。
(過去記事)



コンパウンドクロスボウのリーコン175は約80kgの力が掛かります。
簡単に言えば、70kgの若い男性が上から弦に乗っても、引けないと言う事です。


実際の発射ではコンパウンドの滑車の影響で、威力が上がるので100kg位までいくかもしれません。
「チョット太い人がジャンプして体重が掛かった傘の先端を相手に押し付ける」位の力が掛かります。


さて~



組み込んでみたが、ちょっと、失敗したので修正が必要です。
また、ネジもインチ系なので探して来ないと




セフティは効いているようです。
テストも良好で、ネジ止めして残りを進めたい。




  


Posted by sinn-te  at 09:37Comments(0)クロスボウ・スリング

2016年12月20日

パッケージ テイクオフ

US国際空港のフライトを確認
パッケージは空の上に
成田到着だと3-4日
関空だと2-3日後には手元に来る。

後は税関職員の気分次第
(いやこの時期に忙しいの
分かってますけど、出物なので入手は
競争なのですよ〜)

自分へのクリスマスプレゼントになるかな  

Posted by sinn-te  at 08:00Comments(0)クロスボウ・スリング