2017年08月30日

農業IoTと植物工場の主役は大麻の栽培

農家の高齢化の解決と今の若い就農者の早期収益化
水やり10年(水やりのノウハウに10年掛かる)などをカバーする為に
IoT(インターネット技術)や農業の工業化を進めている。

実際に、大手食品加工メーカーでは大規模の農場契約、契約農家以外に
自社で農作物の工場を作り、安定供給と低価格化に挑戦している。


トマトや葉物野菜は、1個辺りの価格が比較的高く、収益化に繋げやすいので
近大のマグロのように安定した品質と収穫に向けての企業努力がより進んでいる。


だが、ココに来て注目をされてきているのは「IoT植物工場による大麻の栽培」だ。
日本国内では、大麻は違法薬物とされているが、幾つかの国と地域では
合法的に利用販売がされている。

表現するなら、酒・タバコ・大麻のように消費物娯楽的な嗜好品として扱われているのだが
栽培に関しては色々ルールやしがらみや揉め事が多い。

つまり、大麻の畑を襲ったり、収穫後の乾燥大麻を奪い合ったりと

解決策の1つとして農業IoTと同じで
「植物工場で大麻を栽培すれば、安定して高品質、低価格で生産可能」という事になる。
一見ブラックな社会だと思われるが、客がどんな農作物を生産するか?は
知った事ではない。
LED水耕栽培システムを大量導入して、廃工場や廃ホテル、廃マンションで
植物工場するのは、今後の少子化と都市集中社会、農村の過疎からくれば
増える事案かもしれない。

  


2016年12月07日

農業関連の長文なのでミリではない社会と政治と技術の話

IoT/IT/ICT農業の勘違い


「IT屋が土を触らない」

昔は、いや、確かに今も政府の補助金狙いのベンチャー企業などで
頭の悪い技術者が過去と同じ問題を抱えたまま、IoT/IT/ICT農業分野に進出しては
消えていく、その時は政府の補助金をポケットに入れたまま消えていく

その例を、下記のリンクに貼って置く。

だが、今も役人が農業もITも解らないのに
補助金申請の受付窓口だけは続けているので
「補助金」狙いの技術屋詐欺行為は横行しているのが今の農業技術業界だ。


///////////////
「IT導入に1億円かけても元々かかっていた農業経費がITによる合理化で5億円から3億円になったので」
http://japan.zdnet.com/article/35092937/
/////////////////

あの~どこを、どうやれば「IT導入」で1億掛けられるの?
それは、本当にITの部分なの?

1億円のIT機器って何よ、詳細見積もり見せてみ?





>センサネットワークを作ればウケると思い込むパターン

センサーネットワークは、確かに助かる。
情報が無く、勘や経験だけでは精度の高い生産や品質の画一化は困難で
それゆえに農作物の出来はその年の「天候しだい」とか言われるわけだ。

低省電力(寿命)
長伝搬距離(距離)
センサーの感度(情報量)


センサーの使い方や其処から得られる情報を、IT/ICTに疎い人間に伝える所までが
「技術者の仕事」です。

投げっぱなしのサービスなんて、取説の無い機会のメンテナンスに等しい。
ユーザーに対して、ユーザーの理解できるレベルに落とし込んだ、親切な表示まで
やってこそ、日本の技術者と言えるのであって、私は数値がボルトやアンペアで解るので
それで表示しています。
なんて物は、商品とは言えない。


「農業関係者がセンサーにより感覚が数値化できるのは嬉しいが
農業や農法や運用を、どうしたらよいのか?」


の質問に対して

「私たちはITの人間で農業はわかりません。」
と答えたら、私なら「家に帰ってマスかいて寝てろ」と言うでしょう。(失礼)


普通商売で、この商品にどのような価値があり、利用者にどのようなメリットを
与えてくれるのか?と言うのは商売トークです。
利用者に対する価値を説明できない商品を、利用者が何故買うでしょうか?

農業IoT/IT/ICTのメリットなら1~2時間は語れますよ。
それは、専門だからではなく、頭が付いているからであり
現在の農業や農家や畜産の問題や課題もよく勉強しているからです。
(課題や疑問や問題を調べて対応策を考えるのはもはや趣味です。)


その勉強すべき範囲は、センサーの性能や現場の環境、情報にも同じ事が言えます。

「IT屋が持ってきた照度センサは秋葉原で安く買ったもので、農業分野で必要な光子量1は取れないとか」
「相対湿度センサだったから栽培指標に使えない」
「ウェブカメラで遠隔から画像で確認ができる(秋葉原で買えるCCDユニット)」


プッえ~秋葉で部品揃えるって、そんなのが許されるのは
論理試作や原理試作までで、実環境で運用するセンサーデバイスが秋葉の部品ですか?

え~と、それって「部品選定」した?
市場において最適なデバイス?金額は?性能は?信頼性は?
それを農業施設に設置するわけ?


馬鹿なの?
開発を舐めてるの?
量産できる?
信頼性試験データは?

結果が
「屋外だとカメラではバッテリがもたない」
「雨風に耐えられない」

おいおい、どんな仕事だよ?補助金貰って、農家に迷惑かけてゴミ機械を農家に付けているのか?
農家の人が「検収」を知らない場合があるが、普通なら訴訟になる事で
国からも本来は、農家が納品としなかった場合は、補助金の支給を取りやめるなど
行うべきだろう。

日本の農業ITが遅れているのではなく、今の日本には

「まともな開発が出来る会社や技術者が育たなくなってきており
ものづくりの根幹である開発手法や考え方を理解し学ぶ人間が
減っている」

と言うのが現実ですね。

あっ、言っておきますが、私やウチはそんな「馬鹿技術者」ではありません。
先生や先輩が違うし、その先人から学んだ事や「やり方」を今も進化させています。
もちろん、数値と結果でね。  


2016年10月16日

収穫・・・か

今年初めに冷蔵庫の野菜室奥で発掘されたサツマイモを
家庭菜園の端に植え、そこから伸びた苗を
空いている腐葉土や土、砂地に其々植えて水をやり続けた。

その結果、根を伸ばし葉を着けてどんどんと庭に広がっていたサツマイモの
蔦がそろそろ茶色になったモノも出始めた。

マルチと言うシートを使っていなかったので蔓返しが面倒だったが
庭の6か所の環境の異なる場所で其々成長している。

さつまいも2016
このエリアは、ウッドデッキと落ち葉、剪定したバラや桜の木、などで構成されている
腐葉土育成エリアだが、ここにもサツマイモの苗を植えている。

大分、葉も蔦も伸びてきたが、そもそもの「土」が存在しないエリアなので
他に比べて成長が遅い。

あともう一つ、砂利しかない場所でも育ててみているが
おそらく、芋にはならない気がしている。

だが、サツマイモの成長が可能である事は、説明できる。

更に5月に植えたので6か月で一応、葉や蔦が伸び
周辺環境の緑地化と養分化に成功すると言う事なので
このまま、砂地や砂利地でもサツマイモを作り続ければ
3回目以降は、砂利や砂が土に変化してくると思う。

砂地や砂利の状態では虫も居なかったが、サツマイモが伸び始めて
葉の裏や茎、蔦に虫が住むようになった。

これにより、糞や消化により有機物が構成されている。


あと1か月様子を見ながら、そろそろ芋の様子を見て収穫してみたいと思う。  


2016年07月11日

「ハイリヒヴァッサー」 栽培の中間報告


「ハイリヒヴァッサー」
(邪悪なモノを退ける聖水)=(お酢から作った殺虫剤を噴霧する)

損耗率

トマト 75%
(1/4 種からだが、苗はもう少し多く株を作っておいた方が良かった、こんなに失敗するとは)

バジル 0%
(種からだが、間引いた分も少なく、成功率は異常に高い。
まあ地面に撒いてほって置いたら自生する位だし、種として強いのだろう
4株にしたが、安定して収穫している。料理にも使いやすい。
葉物として食べるには倍の8株位は必要だ。)

ピーマン 0%
(1/1苗からだが、放置で結構育つ。味も美味しい。
成長が遅いのは、ウリ科のキュウリとゴウヤの間で育てているせいかも?
本来は嫌いな筈)

キュウリ 0%
(1/1苗からだが、Googleのマニュアル通りで育つ。味も美味しい。まだまだ生る。
細く失敗しているのは、ミツバチが仕事をしていないせいだろう
そして、ミツバチが仕事が出来ない理由は、大量の蚊取り線香のせいか…
ん?それは、俺のせいじゃないか???)

ゴウヤ 0%
(1/1苗スタート、伸びるけどなかなか実がならないな?どうなってるんだろうか?
あとで、ググる)

シソ 0%
(種からだが、安定して伸び始めた、芽が出るまでがバジルより遅かったので
失敗かと、心配したが少し勢いが出始めた。
山芋シソや和風シソパスタなど、現在活躍中。夏の疲れが吹き飛ぶ風味だ。
株数が3株では少なすぎたかも?)

サツマイモ -100%
(冷蔵庫でしなびた奴からスタートだが、モリモリ育っている。
で、ツルカエシを3回目だが、ついでに枝分けして、やられたトマトの株を撤去
其処に、2ツル移植した。
蔓から派生して、サツマイモになるらしいので、もしかしたらサツマイモ量が増えるか?
しかし、蔓からサツマイモは栄養不足で育ちにくい筈。
小学校でも、切れ端が大きい方が大きいサツマイモがなっていたと思うので
1ターン目は失敗OKで増殖させてみる。
秋までに大きい芋が育てばいいだろう)




刈払いのチップが鈍っていたので、一枚安いのを買ってみたが・・・
どう思う?大きくて硬いやろう?

ゾンビもやれるかも(自分が怪我しそう)
切れ味はホームセンターのよりも鋭いが、危ないので
使う時は注意して使おう。
鈍ったチップブレードは、研いでみたが、このモノタロウの方が絶対に切れるよね。

  


Posted by sinn-te  at 08:14Comments(0)完全人工環境栽培

2016年07月09日

効率的な植物育成LEDについて

「植物用育成用LED」

植物の成長と育成に関連する「光」は
詳細には、植物により異なるとされているが

例えば太陽光は完全な光として考え
蛍光灯の昼白色などは太陽光を模した波長をしている。

しかし、植物の成長に関係の無い波長などもあり
波長成分的には、その波長まで再現しようとしている関係で
電力の消費は、全波長に対して利用されている。


簡単に言うなら「不要な波長の光を出す為にも電力が使われる」

一方、LEDは単波長を得意とする光源だ。
短波長の発光に関しては電力効率が極めて高く
1Wの電力で220lmと言う蛍光灯の1Wあたり70lmより3倍効率的に発光する。

この特徴を生かして「最小限の電力」で「最大限の植物育成」を
行なうのが「植物用育成用LED」だ。


「育成波長」
自然界の光の波長には、生き物を殺す波長
熱にしかならない波長など様々な波長が含まれ、地球に降り注いでいる。

この中で、最も害と益のある波長は
400nm以下の紫外線 UVである。(不要)
殺菌・殺虫・破壊を可能とするこの波長の光は
数ワットの光であっても5秒で雑菌の居る水 1000ccで
99.8%の雑菌を殺すほど、凶悪で清浄だ。
利用価値は高いので、研究や開発は進んでいるが
こと、生物や植物用としては破壊しか招かない。
つまり、植物には不要な光だ。
(長波長よりの紫外は海側の植物のような
背を低く、葉を厚くるする効果があるようだが
それを利用して、低く強い植物にする方法もある)
蛍光灯や一部LEDには、この波長が僅かに含まれる。


400~500nm 青から青緑(必要)
植物内の色素や成分に影響し、葉や花の成長方向にも深く関係する
(ひまわりの向く方向など)
青色~青緑色の光は、茎や葉を伸ばす重要な成分が含まれる。

500~600nm 緑~黄色(不要)
人間の肉眼=可視での視認効率が最も高い色では有るが
光合成や成長にはあまり作用しない。

600~660nm 橙~赤(必要)
光合成に重要な要素であり、植物生理(開花や結実など)にも関係する

700nm以上 赤外線(不要)
不可視で視認できず、光合成にも作用しない。
水に吸収されるだけでなく、水を含む細胞壁を過熱してしまい
これを破壊する熱線。
無い方が、植物へのストレスは低くて済む。
代謝に使う栄養を成長に使えるので、赤外は無い方が有効だ。


と言う訳で、結論としては
青緑と赤があれば最も効率良く植物を育てられるので青緑と赤のLEDを降り注ぐ太陽並みに光量を増やせば
通常の自然環境の3倍の速度で成長する事になる。
(植物には朝昼晩の概念はなく、細胞分裂により成長する
睡眠により記憶を整理したり、筋力を休めて育てる必要もない
光と水と栄養が有れば、24時間成長し続ける。これは
日照時間の4~6時間と言う概念を越えて成長する為)


カラーの高輝度LED
Edison 3W Star 青色
Edison 3W Star 赤色
これを、山ほど用意すれば、熱線も紫外線も出さず成長を促進できる。
熱線を出さないので、温度管理は簡単になる。  


Posted by sinn-te  at 12:12Comments(0)完全人工環境栽培