2017年10月25日

ブレーカーに非常電源系統

停電時に個々の機器はUPS(冗長電源)で短時間のバックアップは可能だが
今回のような長期間の停電では、数時間バッテリーで発電した所で
災害対策の上では十分ではなかった。

それに、UPSの個数は4機あったが・・・必要な設備を守るだけの電力は無い。

今回の場合
最優先される機器は「給湯器」
そして第2優先機器は「冷蔵庫」だった。

それぞれの消費電力は
給湯器が、1日2h利用で120Wh
冷蔵庫が、常時24h通電で480Wh
合計 600Whが1日に必要な電力だが、これらは、別々の位置に固定されている。
そうなると、事前に非常電源経由でAC100V接続されていない限り
障害発生時に一々繋ぎ変えの必要が出る。

「面倒だ」

もっと効率的に、家中の機器を守る方法・・・・・・・・・・?!

ブレーカーボックスは、メイン(主幹線)ブレーカーを落とせば、系統電力から切り離しが出来る。
そして、TSR(TSで100V、RSで100V、TRで200V)もそこから其々の部屋のコンセントに供給される。

だが、ここで、問題がある。

一般家庭に供給される単相3線 200V給電の200V(TR)間は相が揃っている。
つまり、TSにAC100V発電機、RSにも同様にAC100V発電機を導入しても
TR間では綺麗なAC200Vにはならない。
単相3線200Vに商用と同じ様な電源を供給するには・・・・

1.発電機や充電電池から、DC-ACインバーターでAC100Vまたは200Vを作る。
2.AC100V/200Vから、三相AC200Vを作る。
3.特殊な逆Vトランスを使い。三相AC200Vから単相3線 AC200Vを作る。
4.単相3線200VでTSR

これは、面倒な上にお金が掛かりすぎる。
ただ、ここまでやれば、停電時も50Hz/60Hz+-5%の発電が可能で、およそ全ての機器で問題にならない。


もう少し、やすく対策する方法は無いか?





気が付いたのは、AC200Vを使わない限り、TSRのTSかRSだけで十分だと言う事
つまり、AC200Vが必要なIH調理器、エアコン、溶接機
旋盤、ボール盤、フライスなど工作機械を使わなければ良い。

そして、電力を非常発電機から供給したい機器だけ、ブレーカーを上げておいて
T-Rをリンクし、1系統のAC100Vにして発電機との開閉装置で繋げれば
AC100V機器に関しては、全ての電力を非常発電機から供給できる。


非常発電設備利用の手順書自体は必要だが、照明から冷蔵庫、給湯器まで
災害時でも自由に使えるのは大きい。

  

2017年10月11日

ブッシュクラフト・ミリタリーキャンティーンとストーブ 準備01

ミリタリーキャンティーン&ストーブの続きです。


さて、少し改良する事にします。

この普通の蓋ですが、他社モデルの場合に湯切り様の穴が開いているのを見ました。
これは便利そうだったので、真似て穴を空けます。


ステンレスの0.9mmなので丈夫ですが、鉄鋼ドリルで穴は空けられそうです。


ポンチで下穴を空けて、1.5mm>2.0mmで穴を空けました。
2.0mmと言うサイズは、7分タイプの乾燥パスタの太さ(1.8mm)よりも太いですが
茹で上がると2.2mm~2.4mmになるので、茹で上がれば穴から落ちてはきません。

実際に試した所、穴の数は、もう少し多い方が湯きり速度が速くていいようです。



このセットを改良中です。
色々考えさせられる・・・改良したいのはストーブの方だが
薄板溶接はTIGじゃないと出来ない。
製品はプレス金型とパンチ加工で徹底した量産コスト削減がされているので
本来、製造する時は金型なんだろうな~と






そこで考えたのですが、美味しく料理するには調理時間の兼ね合いが有るので
ソースとパスタは同時に仕上がる方が良い。
1個のコッヘルでも出来なくはないですが、今回はもう一個使って料理します。



熱源は、この何時ものセットです。
このヒーターキットは結構完成度が高い。
ストーブx2(アルコールとミリタリー固形燃料 または マキなどの木材)
五徳x2
ウインドシール
メタルマッチ
マグネシウムマッチ
一応バーナーライター



固形燃料やマキなどの木材は、こいつ「 ブッシュクラフト エッセンシャル 」の担当
カードサイズの携帯ストーブです。
ただし、マキを使うと煤でこんな色になります。
固形燃料だと、ここまで色は変わらなかった。
固形燃料の方が圧倒的に楽ですが、マキだと燃料が外なら無限に手に入る。
マキの欠点は、5~7分間、わんこそばのように燃料を投入し続けなければならない点です。

竈の中には150ccくらいしか木材が詰め込めないので・・・



アルコールストーブの方は、火がつけば5~7分間は自動で最大火力で燃えてくれます。
VARGO(バーゴ)アルコールストーブは小型軽量で最高の1品です。
(燃料としてはアルコールは高いですが、ガスストーブよりも小型で携帯性が高い。)
先のヒーターキットのアルコール60ccで14分間、4Lは沸騰させられます。

  


Posted by sinn-te  at 08:10Comments(1)装備品サバイバルキット装備

2017年09月25日

ミリタリーキャンティーンとカップ

オールドスタイルで今も重宝している、ミリタリーキャンティーン(軍用水筒)が
Youtubeでのソロ動画でやっていて、魅力的だったので購入しました。

今は、キャンプユーザーに人気のナルゲンボトルや容量と行動性の高い
ハイドレーションが主力なのですが、このキャンティーンなら
+1リットル(クオート)の容量で丁度良さそう。

ハイドレーション 3L
ナルゲン 1L
キャンティーン 1L
あれば1泊の行動にはなります。(少し不足する程度)





内容としてはキャンティーンにポーチで構成されます。
ですが、ミリ・キャンティーンの場合、このサイズでカップと蓋が収容できるので
調理もこのまま出来ます「茹で」「煮込み」は可能ですので

「ラーメン」や「パスタ」などの麺類
蒸らしが長くはなりますが「ご飯」
コーヒーや紅茶やスープなども調理可能です。


(キャンティーンの周囲に蓋とカップが収容可能です。
少し曲面になっていて身体にもフィットしますし、昔ながらのアルミ製よりも樹脂製は軽い
直接火に掛けられませんが残りの水の量は見えるので管理しやすいです。)



ただ、ロゴスのキャンティーンポーチはサイズが厳しくて
キャンティーンストーブ(コンロ)を収容する事が出来ていません。
コンロに関しては、石や土で竈(カマド)を作るか、エスビットなどを使わなければならないかな?

週末にでも、これでお昼ご飯を作って動画にしてみます。  


2017年06月18日

ステッチ&グルー工法 自作船02

FRP(ガラスクロス)は貼らず、ニスだけ塗って安定度のテスト


100㎏で喫水 13.48㎝なので、このサイズだと1.4cm沈んだ状態ではかなり安定している。



傾斜させても復元力は高い・・・しかし、欠点を発見してしまった。
船の前後ハルは直角なので、前傾、後傾すると、復元力があまり無い。
通常の浮力は働いているのだが、水面からポン!と戻る力は
左右への傾きに比べて低いようだ。

また、材質自体に浮力は無い為、一度水が入ると、沈めたコップの様に沈んでいく…
難しいね~船体自体を浮力のある材質で覆うかな?(スタイロフォームとか)  


2017年06月15日

ステッチ&グルー工法 自作船01

最新の図面で1/1だと板厚5.5mmのベニアを想定しているので、1/10スケールで
板厚0.5mmのバルサ材木を使い模型を作りました。

設計は合っているようですが、形状の不安定さを感じます。
少し、補強をしっかりやらなければ、丈夫な船にならない気がします。

ステッチアンドグルー

この接着の目が「ステッチ&グルー」のグルー部分です。
ステッチは、針金やダクトテープ、結束バンドなどでも代用可能です。