2017年03月26日

FTユーティリティーナイフ 11 酸化被膜取り


硬さは、Crmo7の基準値HRC 59ですね。(良い感じに酸化被膜でくすんでいる)
もう+1硬くしておくと、刃持ちが良い気がしています。
59は結構柔らかい。
(いつも言っているけど、注文時に忘れているのですけど~)



オリジナルの型紙は、もう少しスリムだったのですが
刃の方を手で持って、ねじった時にグリップが細くて刃筋が寝て回りそうだったので
グリップを少し幅を広く取りました。
刃に圧が掛かるような使い方(カボチャを切るとか、肉を骨ごと斬る)は想定していないですが
柔らかい刃物なので

あと、サムガードのツバもオリジナルは丸にしていましたが
印象的に角があった方が良かったので、太く角を残しました。



先に、平面を綺麗にしておいたので、簡単にミラーになります。
切れ味も期待できそうです。

鞘、シースはカイデックスにする予定ですが鞘のタイプは決めていません。
腰吊り?
腰巻?
プレートキャリア付け?
隠し?
錆びない鋼材のナイフなので、汗なども気にしないので色々やれそうです。
でも、腰吊りは1本作っているので、腰巻かプレキャリ付けにしようか?
Kydexのパターンもどれにするか決めないと



グリップは予定通り樫の木で進めています。



二液のエポキシ接着剤で固定中、今日は寒いので硬化には24時間かかります。
作業再開は明日(月曜)ですね。
と言っても深夜になりますけど。
恒温槽欲しい…(60℃~80℃を維持すれば1時間で硬化するので)



その間に、準備できる事をしておきます。
グリップピン(真鍮製)を適当な長さで、角も丸めておきます。
金ノコと電動ドリルの組み合わせで一気に作れます。



で、待ち時間が暇なので、少し刃を付け始めます。
完全に付けると、グリップ加工作業中に手を切断とか有るので
最後までは付けないで、少し残す感じでやっておきます。

ランスキーのダイアモンドの超荒砥石が手に入ってから
この刃付も楽になりました。
HRC62でもダイアモンドの超荒砥なら氷をヤスリで削るかのように削れます。
そして、ダイアモンドも段々無くなっていきますw
幸い、この砥石も安いので、摩耗したら買い換えるつもりで使っています。


  


Posted by sinn-te  at 16:19Comments(0)ナイフ・刃物全般CRMO7

2017年03月12日

刀と刃物の事続き兼コメント返し

刃物として、製品として駄目だ。と言う訳では無いのですけどね。
間違いなく最高ではない。

日用品や工芸品、美術品として価値がありますし
なにより面白く、循環型の社会や自然にマッチしている
通常利用では問題無い(量産コストは除く)のですが
それが、最高であるかのように扱われるのは
滑稽で疑問なのです。

スクラップ、スプリング鋼や工具鋼、ノコギリやヤスリの
包丁やナイフは原価がいいのでww
市販の鍛造包丁や鍛造ナイフ位の価格の10%~20%OFFなら
好きな人は、買いますから。
-----------

私も、剣道バカしてましたし、居合や料理もします。

そこで、直刀、剣、刀など本当に斬るのに適しているのは?
とかスラスト(突き)は必要なのでは?とか考えると
刀の反りや反り具合、身幅や刃厚なども、今の刀で良いのか?などは、考えてしまう。

正直、斬り合いをするには、今の刀は身幅も薄く刃厚も薄すぎる。

真剣試合をすると、自分が必殺、殺傷に十分な間合いに入る時
当然相手も同じ条件ですので、先を取られると
相手の刀を、自分の刀で受けなければならなくなる。(避けられる距離ではない)

その時、相手の全力の打ち込みを刀で受けて
欠けたり、割れたり、曲がったりする事がある刀で戦えるか?そう考えています。


ボクシングの軽量級の試合の様に、ペチペチとポイントを取るだけの距離では
避けやすいし、ダメージが通らない。

その間合いなら、確かに数尺離れれば刀を使わずに避けられるかも知れないが
それは、相手の獲物が刀であればと言う事です。
鉈や斧、長巻なら、躊躇せずに打ち合えるので、一気に距離を詰めてくるかも知れない。
大鉈や斬馬刀で切り込まれて、薄い刀で受けるとどうなる?刀ごと斬られる事もあるだろう。  

2017年03月10日

「マルテンサイトから壊れる」金属の破壊を知る

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/mag/15/397260/030200150/



刃物鋼に死活の安全性を求める事は、近年マレだ。

折れる硬い日本刀よりも、折れないナマクラな日本刀の方が使える。とされたのは
この辺の理由もあったり、そもそも刃物の構造で全鋼(丸鍛え)や「かぶせ」や4方詰が分かっていない
時代小説家が作った話だ。


優れた鍛接が出来ているなら、そりゃ芯(心)鉄、皮鉄、刃鉄で適材適所の構造で作れるに
越した事はない=(全鋼やステンレス鋼ではない作り)

また、圧延ロールやプレス機、誘電炉とかで
ステンレス鋼(刃)+バネ鋼(芯)+高耐蝕ステンレス(皮)の3鋼とか作るなら
日本刀を機能面や性能面で凌駕する、日本刀だって作れる。
折れない、曲がらない、切れ味が落ちない、錆びない。
(そう言う、戦闘用刃物鋼は作る事が無い)

だが、今頃その必要性があるのか?刃物で戦闘する時代は、終わってた。
経済性の無い開発や製造は利益性から必要とされない。

今の日本刀や打ち刃物は、この21世紀、この時代で「最高の物」ではない。
過去の周到、歴史の再現、芸術・工芸品であり古き良き文化なのだ。


今の時代の最高の本物、または本物に近いモノを求める人からすれば、少々残念な世界だ。
(上の究極の刃物鋼は、複合材になるので焼き入れも非常に面倒になる。
まあ、焼き土を盛る手焼き入れか、レーザーとオイルシャワーとかだろう?)  

2017年01月16日

FTユーティリティーナイフ 09



天然素材は「桜、楓、欅、栗、赤松、赤樫、白樫」
人工素材は「G10、マイカルタ、アルミニウム」
高級素材「蝦夷鹿の角、黒檀、紫檀」


グリップ材を何にするか?
用途的には温度的に木が良いので、今回は白樫にしよう。



1~2mm大きめに線でなぞって、それをガイドに切り分けておきます。
しかし、ホームセンターで買った鋸のキレない事、切れない事
キャンプ用の薪を切る為の鋸の方が良く切れると言う酷い切れ味だな。

樫は硬いですが、この

中国製を輸入しているだけの「xx金属」なんて会社の商品は
真っ当ではないので、二度と買わんよ



ここまでできたら、あともう少しだけ外形を整えて
焼き入れされた鋼材が届けば、仕上げに入ります。  


Posted by sinn-te  at 10:08Comments(0)ナイフ・刃物全般CRMO7

2017年01月03日

FTユーティリティーナイフ 07






なんか、ミスで記事を消してしまったようなので、画像だけ貼っておく



最初からベルトサンダーと言う選択肢も有るのですが
ベルトの架け替えが面倒ですし、最初は精度も何も関係なく
鉄鋼(ステンレス鋼)を削りダイエットさせるだけなので




こうやって、横から掴んで#36の重切削ディスクグラインダーの砥石で一気に削り落とします。
この作業を先にやるだけで、後半のベルトグラインダー作業は仕上げだけになり
集中力も僅かな時間だけ集中すれば良いので、気が楽です。




ここから仕上げていくのが、紙やすりの時間なので長いですけど
良い感じに進んでいます。

  


Posted by sinn-te  at 18:00Comments(2)ナイフ・刃物全般CRMO7