2016年12月19日

旋盤が必要だ、だから旋盤用意する 09


固定が甘くて、加工中にズレたので、ベルトを外してやり直しです。



M4 4本で止めていたのですが、穴径を大きくして本数も増やします。
M6 6本に変更です。

それでも、ブレが出るのは
ベルトの掛け方の問題のようです。
加重が下に掛かるようにした方が高速回転時にブレない気がしますが
そうなると、旋盤の構造自体が問題なので
今は、このまま騙し騙し作業します。



前回言っていたように、加工手順を最適化して
掴みなおしによる、保持誤差を無くしました。

大幅な作業時間の短縮になっています。



最後の突っ切りですが、これが何時も難しい。
突っ切りバイトじゃなく、ロスが大きいですが
別のバイトで斬った方が楽な気がします。


完成品の動画も取りましたが・・・編集がメンド~
年末年始は「和のモノ」を作る予定ですので材料を確保しておかないとね。


////////////////////////////////////////////////////
今回の加工は、3つ爪非独立のセコイ方法で加工しました。
つまり、芯出しを行わずに加工するやり方です。
旋盤を使っている人なら当然、ケースバイで行うと思いますが

簡単に言えば適当にチャックで掴んで
外形を含めて全周加工するので、実際の加工量は多くなるし
外径が切削分だけ細くなりますが、芯を出す作業をしない為に
楽に精度が出せると言う方法です。

この方法で掴む回数が1回だけなので精度良く仕上げられたと思います。

もっと、練習して精度から逃げずに作業する方法も
出来た方が良いのですが、今回は目的が優先でしたので
この方法で仕上げました。  


2016年12月10日

旋盤が必要だ、だから旋盤用意する 08

アルミ材が切らしていた~

ナイフの鋼材やナイフ用のハンドル・グリップ材
カイデックスや皮などは在庫しているけど、金属素材なんて
買いだめてないので、折角加工できるのに・・・

明日買いに行くかな~  

2016年12月02日

旋盤が必要だ、だから旋盤用意する 06

よし月末だ、小遣い制限解除、部品を注文準備します。

ベースプレートとモーター、アジャスターでとりあえず旋盤として起動できるようになる。

旋盤の本を読んで、3つ爪で噛み直して+- 0.02mm
職人ではないので、こんなんでもOKです。



中華旋盤の問題点は精度なのですが、日本で精度の高い部品を
最初から選定して、面倒ですがインディペンデントの4つ爪なら
結構、安くても良い旋盤が作れます。


「ベースプレート」は、問題だったアルミレールフレームの表裏を
フライスで削り、平面出しした物を採用しました。

これなら、面倒だった定盤を使った平面出しが必要無く、安価に
フライスのフレームを構成できそうなのです。

また、レールフレームですので部品の追加や移動も可能で
ボールネジを追加して自動送りやNC化なども出来ると思うので

自分もオリジナル旋盤を自作したいと言う人は、やってみては?


https://www.monotaro.com/topic/cate_sale/12index.shtml

モノタロウでのモーターの購入は12/5まで引っ張ると10% OFF
コンセントなど電設資材は12/6まで待てば10% OFFで合計3~4000円安くなる。

納期が有る仕事ではないし待った方がお得になる。

また、プライベートブランド商品に関しては12月15日に限り15% OFFなので相当安くなる。
消耗品のディスクサンダーやサンドペーパーを買うなら12/15が最適。


さて、週末には組み立て始められるか?  


2016年11月27日

旋盤が必要だ、だから旋盤用意する 05

3相モーターと主軸の回転

手持ちのプーリーは旋盤軸に適合したので44mm~88mmの径に対応する。




旋盤のチャックの性能を見ていると、回転数は3800rpm以下で運用する事を
要求しているので、回転数の上限は、3800rpm以下にしなければならない。

他の電動工具6,000~30,000rpmから考えると、結構低速で回転している印象だ。

その分、金属を切削する力が掛かっているのだろう。
全ての部品が、ベアリングやネジを含めて,分からないので過剰に設計した。


では、次にボール盤を400Wへ改造した時のように必要とする性能を計算する。

この旋盤の性能が、期待値通りなら、1.5kWのモーターでも問題は無いが
性能として希望するのは、ナイフやガスガン、エアガン、エンジン程度の
小型部品で、チャックも最大で5~120mm、最大加工長で1~300mmまでの物
(旋盤本体サイズも最大幅700mmしかない。)


はたして、モーター性能がどの位必要なのか?


4万~30万クラスの旋盤を見ると50W~550Wのモーターを積載している。
精密さや機能性を優先すると、トルクはそこまで必要ではないのかも知れない?
0.75kWは過剰だと判断する。


三相400Wを引き続き検討。
---------------------------
日立と三菱、東芝を贔屓にしているので、まず日立の性能から検討すると
関西なので60Hzで計算する。
(別に間に単相100V>三相200Vインバーター挟むので1Hz~120Hzも出せるが)

2P(2極) 3440rpm 1.8A
4P(4極) 1690rpm 2.0A
6P(6極) 1120rpm 2.2A

2極モーターなら、最も簡単な1:1のギア比で目的の回転数上限が得られる。

60Hzから周波数(Hz)を下げていけば、回転数も1rpm~3440rpmの調整が効く
ただし、一般的に利用される4極モーターよりもマイナーな2極モーターは
販売価格で3~5千円高い。

プーリー(歯車)の値段は、直径が2~3倍になっても、実はそこまで値差が無い。

だとすると、一般流通品である4極モーターを採用して
歯車側で回転数を適正化するのが、良いだろう。

歯車側で1:2にして、回転数を2倍にする方が
モーターを2Pにして回転数を得るよりも安く済む。  


2016年11月23日

旋盤が必要だ、だから旋盤用意する 04

三つ爪連動スクロールチャックだが・・・

http://www.nicovideo.jp/watch/sm30080682

メーカー保証精度から言えば、+-0.2以内であれば製品としては問題ないのですが
この精度では気に入らない。

最初は+-0.38あったが、組みなおして+-0.14、十分許容値の場合もあるけど
バラ爪=独立4つ爪インディペンデンスにしておけば良かったかも?

どうせ遊ぶならもう少し、精度のよい加工がしたい。


この爪を降ろして、4つ爪を・・・・待て!!!

悪魔のささやきだ。

予算を考えろ。

三つ爪の購入で万単払っている。
4つ爪を追加購入すると、さらに諭吉が3~4枚かかる。


このまま、加工すべきではないか?
この精度でシャフトカップリングを作ってみよう。
それも経験値になるはずだ。

どちらにしてもモートル側のプーリーとベルトを買って完成しよう