2017年11月13日

スター電器 RED GO 120 SSY-122R レッドゴー溶接機改造 08

現在までのレッドゴー120アークの改良点ですが…


溶接用ケーブルを22SQに変更、最大電流180Aに
また、ケーブル長2mの取り外し可能にしました。



合わせてアースクリップも22SQの取り外し可能で
もう一本はバイスクランプもアースケーブル仕様にする為に用意しています。
高いモノでは無いので、その内買う予定。



本体ケーブルを雌口にして、将来的に+/-極をも入れ替えられるようにしています。



本体背面に冷却ファンを導入しましたが…一つ給電方法に問題があるので
TIG改造する時には、配線を変更する必要が出ています。
(理由は、ON/OFFすると今だと直接給電なので冷却FANまでON/OFFしてしまう。
折角の使用率向上改造が無意味になるので、ファンは常時給電にする必要がある。)



そしてこれが、交流直流整流器とそのヒートシンク、本体の1/3ほどのサイズが有る。
おかげで、空冷ファンは必要ないが、過保護過ぎたかも?
理論最大300Wの発熱と考えて、無制限に設定した結果の選択です。
実は、240x120x50と言うサイズは、120x120のファンを2機搭載して冷やす事も
考慮してのサイズです。(ファンも買っておいた)
ですが、今の所は必要なかったようです。



板厚7㎜ 溶接機の最大値、200V 25A(2.8KW)を使う時が来たら、意味が有るかも?

もう少し練習して、やっぱりTIG化する~か?どうか考えます。  


Posted by sinn-te  at 09:30Comments(0)住宅・作業場のDIY

2017年11月11日

スター電器 RED GO 120 SSY-122R レッドゴー溶接機改造 07



240x120x50の巨大ヒートシンクに穴を空けてM5のタップを切って
直流整流器を取り付けました。
CPUクーラー用の熱伝導グリスも全面に塗って、この部分は完了

22 SQのケーブル圧着は硬くて苦労しましたが、とりあえず使えるようになりました。
もう少し、色々改良が必要ですが、今日はこのまま溶接テストをしてきました。




前回はボルトナット溶接だったので気にしませんでしたが、今回は板厚4.5mmのSS400フラットバー
まず、気になったのはスパッタすごい・・・掃除が大変w

次に、1.6㎜のB-1 鉄 低電圧用では電流が足りない。

溶けが悪いので気が付いて、取りあえず電圧だけ上げたら

溶けは良くなりましたが、正攻法ではないですね。

あと、放電の距離なども手先に色々感じる事が出来ました。
勉強用で溶接棒6本は使ったか



寝かせて押す様に溶接すると、本来着けたい所よりも、鉄が溶けた斜めになっている部分の方が
距離が近いので、そっちに放電してしまい、狙った所が溶けませんでした。
(角度は15度が良いらしいですが、もっと浅く構えていました)

次に、フラットバーを直角に溶接して、どのくらい強度がでるか?試しましたが…


こちらも、十分に溶けていない為に、表面を舐めただけで溶融した金属強度を試せるほど
溶けませんでした、溶接棒の2.0、2.6、3.2などで再挑戦したいです。




L字でモリモリやりましたが、裏面に溶ける程、溶接できていないので
本来のLチャンネルの強度がありません。
この時も1.6㎜で30Aなので全然足りて無い筈

溶接棒と電流は、板厚に合わせて最適な設定で運用すべきだと言う事を改めて感じました。


改造した直流化のレッドゴー120アーク溶接機では、直流整流器の発熱は、ヒートシンクだけで
受けとめられていて、自然冷却で十分に冷却されていました。
また、本体背面に付けられた吸気ファンも冷却が良好で
30分ほど使いましたが、トランスは少し温かい位で使用率の向上には役立っているようです。

交流のバリバリ音が確かに直流になりブァァァと言う音になり、効果は感じますが
実はコンデンサーを導入していないので、厳密には脈動の直流なのです。
その辺は、また書こうかな

本日の実験はここまでです。  


Posted by sinn-te  at 22:45Comments(2)住宅・作業場のDIY

2017年11月10日

スター電器 RED GO 120 SSY-122R レッドゴー溶接機改造 06

交流溶接機の出力である2次側交流を直流に整流すると、交流時よりも電圧が高まります。

全波整流するとして、平滑コンデンサの推奨値は
C=I*t/ΔV
I=負荷電流値=110A
t=放電時間周期(交流60Hz地域なので4.2ms)=
ΔV=許容リップル電圧p-p=全波整流範囲を許容とするので25.5V
C=18,117uF~35,804uF
サージを考慮すると、無負荷電圧の3倍の耐性は欲しいので、コンデンサの最低電圧は150V
できれば250V~350Vくらいあった方が、心配が無い。

メーカー KEMET アルミ電解コンデンサ 200V dc 18000μF 型番:ALS71A183NF200
このくらい?


コンデンサも暖かくなりますが、それ以上にスイッチング素子やダイオードは熱を持ちます。
自然空冷ではこれもトランス同様にNGでしょうから、強制空冷にしますが
ダイオードはトランスとは異なり、冷却用フィンを付けられるので、CPUクーラーのように
冷却フィン+冷却ファンで構成するつもりです。



と言う事で、買ってきました。
1200V 200Aの直流整流器。

それに、下に見えているのが240x120x50の巨大なヒートシンク




配線用に、圧着工具も買い足しましたが、人生でSQ 5.5以上をカシメる必要性が何度あるか?
(普通AC100V~200V 1.25~5.5 SQで十分な筈)
この圧着端子の22 SQなんて、AC 600V 185A=111Kwは一般家庭では不要なレベルです。
人差し指サイズの配線直径ですからね。

それでもレールガンとかコイルガン作るなら、もっと太い端子が必要ですけど





そして、TIG、MIGにするのに必要なSSRもついでに購入
一応、準備だけして、当面はアーク溶接で使う予定です。
なぜならアルゴンガス周りの道具を揃えると、それだけで4~5万かかるので
費用が上がりすぎる。

¥2,000-のレッドゴー120アークに、どれだけ突っ込んでTIG溶接機にする気?となるでしょう?
今でも、FAN、WCT線、圧着、工具、ケーブルグランドなどで8千円は使ったので
まずは、これで実験を開始したい。  


Posted by sinn-te  at 09:08Comments(0)住宅・作業場のDIY

2017年11月05日

スター電器 RED GO 120 SSY-122R レッドゴー溶接機改造 05

外に出すか?
中に出すか?


アーク溶接機の仕様には、定格使用率が書かれています。
これは溶接機を連続で10分間のうち何分間使用できるかの目安です。

溶接機は大電流の為、連続使用していると、トランス本体が熱を持ち
オーバーヒートして熱損・故障の原因となるため
使用率を定め一定時間使用したら一定時間休ませる必要があります。
(一般的には20分ほど)


つまり、抵抗成分などにより熱に変わってしまう電力が
トランスやコイル、ケーブルに熱として蓄積されて、ダメージを与えます。

一般的には、電線(ケーブル)であっても、自身の温度が-20~+40度の時に
何アンペアの電力が流せるか?などで表記されています。
つまり、内部温度が上昇し、50度、70度などになれば
当然ながら、流せる温度は変化します。


このモデルはまず、使用率が問題なのですね!!!

では簡単な話です。
冷やしましょう!ガンガン自然冷却ではなく、強制空冷によって
冷たい空気を流して冷却すればいい。


バックパネルは簡単に外せます。
ネジを6本、コネクタ様に2本でパネル自体が外れます。
また、冷却ファンの取り付け位置を確保する為に、シールを横に逃がします。



穴位置を決めて、センターポンチを撃ちます。

本体用の冷却FANは、内部のトランスからAC100Vを取得すれば良いので
それで冷やす予定ですが、ファン用の穴を空けるのが一苦労です。

大きい穴を空けなくても、ドリルでパンチングメッシュの様に穴を空けてもOKですね。



このサイズのホールソーは、トルクもきつくて、作業が大変でした。
真似する人は、絶対にドリル孔沢山の方が安くて簡単で早いです。
それに保護用のワイヤーメッシュグリルも不要になる。



外に出すか~中に出すか?とても悩みますよね~?
中だと色々と問題が有るのですが、今回は中にしました。



気を利かせてAC200Vを買いました。
単に配線の都合です。
工業用ファンなので長持ちするでしょう。



内部の200Vからもらっています。
これで、この機体の連続使用率は少しは伸びるでしょう。

次回以降は、フロント周りの改造です。  


Posted by sinn-te  at 17:28Comments(0)住宅・作業場のDIY

2017年11月01日

スター電器 RED GO 120 SSY-122R レッドゴー溶接機改造 04

一つ前で線径が細すぎて出力が出ないだろう。
と言うのがあったので、とりあえず、規格性能が出せるように22 SQのケーブルに変えていきます。



ケーブルグランドを交換する必要があるのと、圧着端子もSQ 22にする為に
色々買ってきました。




オリジナルの8 SQから、22 SQに変更です。
8>14>22なので2クラス上のケーブルになります。




たけのこドリルビットで、元々のケーブルが通るホールを拡張です。
10mmの穴から21mmに拡張しました。

ただ、溶接用ケーブルWCTウエルディングキャブタイヤケーブルが品切れで
入手が遅れているので、ケーブリングの作業が出来ないです。

他の部分を進めておきます。  


Posted by sinn-te  at 16:28Comments(0)住宅・作業場のDIY