2017年03月13日

2015年09月14日

лцу-3 перст の値段


лцу-3 перст

***仕様***
出力 4mW 635nm(可視 赤色)RED Laser Pointer(レーザーサイト)
出力 20mW 850nm(不可視 赤外)IR Laser Pointer(レーザーサイト)
出力 500mW 850nm(不可視 赤外)IR Laser Illuminater(レーザー照明)
重量 250g
バッテリー CR123
バッテリーライフは気温が-20℃以下になると大きく落ちる。



***特徴***
リモートコード利用可能
セーフモードあり
手袋での操作に対応(非常に重要www)!!!!

***価格***
65000 ロシアルーブルで969.28 USドル、日本円で
換金無視して11万6,313円ですのでAN/PEQよりは安価ですね。
ん・・・誰が欲しいか?は置いておいて・・・

4の方(レーザーがどちらかだけ)は半値くらいです。

***動画***

(ЛЦУ - 4 "ПЕРСТ" こっちの方が安い)
普通に使えていますね~



M4についているのを見ると「お前、そのM4は何処で鹵獲してきたもんだ?」と
偏見の目でみてしまう。

それに、5.56mm NATO弾なんて売ってないだろう?
7.62mmにしておけよとか、そういう会話してそうだ。  


Posted by sinn-te  at 15:04Comments(5)可視不可視レーザーNV&THERMAL

2015年06月09日

40W(40000mW)レーザー

DARPAも言っていましたが気体レーザーでも固体レーザーでも
数年前までは収束や出力の関係でジャンボジェット1機分でもDrone1機落とす事も
できなかったのが、技術の進化でレーザー自体の効率や出力が上がり
また、アマダなどがファイバーカップリングの技術を完成させたので
高出力のレーザーがもう少しで出来る所まで来ている。

本来なら、そのコア技術を全て保有している日本が先行できる分野ではあるが
(高出力固体レーザー、ファイバーカップリング、レーザーオプティクス、電源、コンデンサーなど
全て国産で数十メガワット級が作れる)

日本は、軍事転用すると顧客が離れたり、株主からクレームが来たり
どうせ輸出できないので、開発費用が億単位(正直安いものだと思うが)かかって
製品売価が法外になったりする。

対ドローン用とすれば輸出でも防衛装備に該当するので
「やってしまえばいい」と思うのだが、直ぐに兵器利用ができると言われるだろうな~


Darpaが作っている20KW~40KWではドローンの撃墜に数秒かかるが
20MW~50MWになると1発千円程度の費用で、軽装甲車を貫通できる・・・惜しい所だ。




民間、個人で高出力レーザーで遊んでいる人  


Posted by sinn-te  at 11:04Comments(2)可視不可視レーザー

2014年09月01日

害獣対策の光学照射器

害獣に対してレーザーを使えないか?
と言う点を考えてみた。

もっとも、ダイオードや固体・気体レーザーを使うと
監督官庁がうるさいので、一応LEDやHIDを使うとして考えた。


例えば、太陽光の直射日光100kluxは1cm2当たりで10.0Lmなので
30cm2の場合 9000.0Lmとなる。

害獣対策用の照明が集光して距離1mで同じ9000lm~の場合
相当に強力なライトとなるが、光量としては太陽光と同じな為
「人道的でない」とか「障害が残る」と言われるような出力ではない。


本来は対象距離で規定する最大の9000Lmがベストだが、天井照明のように
常に一定の距離を取れる訳ではないので、数メートル離れた害獣に使うのなら
数メートル先で9000lmになる出力でも問題は無いと想定されるが
法的な安全と言う点では、1m先で9000lmと言うのがセーフだろう。


同様に人間に対しても1m先なら照らされても「うっわ!まぶしい」程度で済む。
(夏場の太陽が嫌いな人には、クラッと来る光量だけど)

野生動物も夏の太陽の直射日光レベルを見ている事になるので、ギラギラと嫌な光量である為
おそらく逃げ出すし、効果的だ。(夏場の野生生物は太陽下にあまり出てこないし)


HIDの360W品などは
全光束で47,500 lmもある。
これを、コリメートすればそれなりに使えると思うし
バッテリーもリポを2個も有れば稼働させられる。




照射するというよりも発射すると言う使い方なので、放熱も持続性もあまり
気にしなくてよいとなれば、小型化もできるので、害獣対策火器として「超強いライト」は有効と思われる。  


Posted by sinn-te  at 10:09Comments(2)可視不可視レーザー

2012年07月26日

コレ来ました~



ちなみにPVS-7でIRレーザーが見えます。



集光度合いが高いので綺麗ですし、スポッティングポインターデバイスとしても使えそうです。
本来は測定距離器ですが、こういう使い方も有りではないでしょうか?



案外 RealtreeはMULTICAMに近いのが解りました。

500mて言うのも、微妙な距離なんです。
まあ、仕事上は1200mとか1600mが欲しい所ですが
このカモパターンのが欲しかったので、550シリーズでOKしました。
セールで安かったので・・・  


Posted by sinn-te  at 12:52Comments(0)可視不可視レーザー