2018年04月06日

パトライト ハンドビームサーチライト HL-12 LED化

300m先でも新聞が読める明るさ。
と言う謳い文句のハンドサーチライト HL-12ですが


電球は車のフォグランプなどにも使われているJA12V55W 1450lm 55Wで
効率で言えば26lm/W程度、振動衝撃に強く、赤外線出力がある為に特殊にも使える
ハンドライトですが、もう少し改良する為にLEDにしてしまいました。

車関係のショップで購入して
LED 12V 100Wパワー 1900lm HIDを超える明るさ!!!



と書いてありましたが、メイドイン中華でどう贔屓目に見ても1900lmは出ていませんね~



消費電力が24W程度で同じくらいの明るさなので、消費電力が1/2になっただけですね。
ランタイムが伸びるのは良い事なので、このままLED仕様で使う予定です。  » 続きを読む


Posted by sinn-te  at 09:09Comments(0)ライト&IR赤外線LEDやLD

2017年07月27日

フラッシュライト LED部品

LEDは1.5年置きに性能が向上していて、大手であっても油断していると
去年販売開始した製品を軽く上回る製品が、中国などからドンドン出てくるような世界です。

ペリカンやシュアファイア、ストリームライトが追随出来なかったのは
会社の体質や開発がその速度に付いて来れなかったからなのです。

Surefireは最近は、小まめな更新で1点主義を離れて製品投入を開始していますね
こうしなければ、進化の速度に追いつかない為でもあります。


Cree LEDのコレ、などは最新に近い製品で、3Aで1000lm超えの出力が有ります。
それでも効率は148.86lm/Wですが、最大出力では1200lm(9.75W時)
SUREFIRE フューリークラスの出力が可能です。




ハロゲンからLEDへの乗せ買えに必要な、電球ソケットも
最近は改造する人が多いせいか、市販されています。



これなら、ワザワザ危険を侵してガラスの電球を割って作る事もありません。
同じやり方で、昔ながらの赤色の懐中電灯(松下製)なども1000lm化できたりしますが
電灯本体を売った方が良いのか、互換バルブを売った方が良いのか?

メーカーの考え方次第ですけどね。

とりあえず、部品はほぼ揃ったので、これから旋盤や半田付け作業ですね。  


Posted by sinn-te  at 09:13Comments(0)光学機器ライト&IR赤外線LEDやLD

2017年07月24日

DCコンバーターはこんな



リニアテクノロジーのDCコンバーターでLED専用の昇圧モジュールです。
基板から作れば、この半分サイズも可能でしょうけど、そこまで気合入れてもね。

このLTC3490は1セル、2セルの充電池に特化した。
LED用の製品で、効率も85%以上。
電池の出力低下に対する出力停止機能も備えています。

あと2mm小さければ、電球ソケット内部に実装可能なのですが・・・

で、このモジュールの出力は350~440mA
約200lm~350lmのLED出力が可能です。

このモジュールと出力から予想されるランタイムは7.5時間と長いです。


次に利用するLEDですが、赤外線 IR-LEDの~とすると面白いかもしれませんが
需要が少ないので、通常の白色でしょうね。


当然ですがCree LEDの買える中で良いヤツを選びました。
200lm/Wの製品です。


それでは、部品到着を待ちますか~

今までに掛かった金額は
800円(本体)
900円(DCC)
900円(LED)

ほら、まだフラッシュライトとしては安い方です。
ここから加工すれば、200~300lmで信頼性の高いLEDライトが~  


Posted by sinn-te  at 13:32Comments(0)ライト&IR赤外線LEDやLD

2016年09月16日

ぱっけーじえあどろっぷ_なう

パッケージA
US ミネソタ
US サウスダコダ
US ケンタッキー
JP 成田 ん~あと数日くらいで入るか?
UPSサービス

パッケージB
9/21~9/29到着予定(はやまるかもギリギリ連休)
IP50 防滴
-40℃~+140℃
0.75Nm
A63125825K-12VDC-400W-5000RPM
USPSサービス


上記のパッケージに
マブチ工業モーター使用の自作リューター用 100W電源
LED水耕栽培用電源
ヤマハ 船外機用部品
などが含まれているので、早く受け取りたい。


電源出力が50Wではトルク不足になった。
元々90Wは必要だったので100Wの電源装置を購入、これでブン回せるだろう。
高出力のリューターならカスタムガンのストックやグリップやナイフのグリップなどの
加工も捗ると思われる。

後は、1坪のビニールハウスを建てて屋外+LEDによる水耕栽培を  


Posted by sinn-te  at 09:51Comments(0)装備品雑記危機管理&テロ対策LEDやLD

2016年07月01日

自転車ダイナモLED化02


改良前、ライトとダイナモの位置を確認する。
後で気がついたけど、軸の角度も重要だったようで
横からの位置も見ておく必要がある。

ホイール軸から放射線状に
来る位置に来ている方が、動作音が静かな様だ。



カンデラ表記はアテにならない。
光を集光すれば、明るさは増えた様に見せかけられるので
最終的にレーザーの様に1mmに集めれば
ロウソクの光でも1カンデラ以上になってしまう。
1cd=本来ロウソク1本の明るさ


オリジナルの配線を外して、LED の方を取り付け
GND=マイナス極はシャーシから取られるので
ネジ部分が接触していれば良い。
+側はダイナモの下に端子台があり
指で押し下げると、工具を使わずに電線を差し込める



色々角度やレイアウトを調整して
元のライト位置に持って来れば完成

テスト走行をしてきたが、確かに
オリジナルの電球よりも
圧倒的に明るく、低速走行の発電量でも
50m先まで光が届くが
高速走行の電力は、内部でコンデンサに
貯められるのか?
明るさは直ぐに上限に到達した。

ダイナモの発電量的に明るさは
もっと明るくなっても
良い位だが、180-200lm位でしか光らない。
内部のLEDは、それほど高性能ではない様だ。

集光しすぎているのも気になる。
(見かけの明るさを確保する為だろう)
スポット過ぎて、走行中の目の前以外が暗い
横から飛び出してくる小動物は見えない。  


Posted by sinn-te  at 10:10Comments(0)非常用電源・蓄電・発電LEDやLD