2018年03月26日

M855A1 新しい弾

M855 NATO .223 5.56mm
M855A1 EPR .223 5.56mm

材質と構造的な違いは・・・

M855が心材が鉛、先端がスチール、皮金が銅(FMJ)
M855A1が心材が銅、先端がスチール、皮金が銅(ただし、FMJではない)

鉛と銅の質量違いによる弾体重量の調整は、弾頭の長さを長くする事で同じグレインになるようにしている。

また、それに伴い、細く長くなる事で直進性と貫通力が向上した。(点で押す力が増した。)
数値的には、10mm(3/8インチ)の鉄板を貫通する距離が、M855時には150m以下だったが
M855A1の場合は400mと大幅に向上する。

対人(マンストッピングパワー)性能だが、中東などで対人を射撃した場合、食生活の関係で体系的に脂肪が少なく
筋肉量も少ない為、M855で射撃すると紙を打ち抜くように身体を簡単に貫通し穴は開くが、細い銃創となり
身体や内蔵へのダメージが少なかった。

しかし、M855A1は構造を改良してターゲット突入時に早期にタンブリングする事で
人体などのソフトターゲットを効率的に破壊できるようになった。


遠距離の集弾性能もここまで精度が違えば
ARで撃った時も別の弾だと体感できるんじゃないか?とは思います。  

Posted by sinn-te  at 16:05Comments(0)GUN類雑記ニュースとイベント

2018年03月22日

銃の製造方などを解説するコンテンツを禁止

「世界が少し平和になる」ニュースが飛び込んできた。

世界の検索エンジンと動画コンテンツ最大手のGoogleが3月21日にポリシーを更新し

「今後は銃砲や爆発物、毒物などテロに繋がる武器の製造、製法に関する
コンテンツの掲載が規制される」事になる。


これまでは、これら武器製造の情報は一般に公開されており、Web検索能力の
あるユーザーにとって、珍しくも難しくも無いコンテンツであったが、今後は規制の対象となり。



今後は平和な世界が訪れる事になりそうだ。
(平成の次の年号生まれは、武器の製法も知らない純粋無垢な少年少女たちになりそうだ。)


と同時に、それら武器製法のコンテンツの価値が高まると言う事でもあるので
私も色々な技術や情報・知識をコンテンツとして保管しよう。

暗黒に近い時代、米ソのCIAやKGBが冷戦下で色々やっていた横の世代ですので

ライフル(小銃)
ハンドガン(拳銃)
ショットガン(散弾銃)
サプレッサー(消音装置)
グレネードランチャー(榴弾砲)
迫撃砲
暗視装置
手榴弾
地雷
時限爆弾
携帯電話爆弾(リモート)
車両爆弾
反応爆弾
液化化学反応爆弾
各種トラップ(罠)
毒物製造
毒ガス製造

この当たりの製法や図面、回路図、情報は持っている。

私が亡くなったら、家のストレージサーバは誰にも見せずに
破壊して貰わないと大人の事情的にマズイくらいの状況になりそうだ。

じゃあ、自分のサプレッサーとか銃のコンテンツも消されるのか?
M92/M9図面
1911図面
AR/M4図面
サプレッサー自作方法
Youtubeの銃やサプレッサーのコンテンツなども消されるのか?少し、気になるところです。

日本語のコンテンツなので、案外消されないかも?
とは思っていますが、様子を見ようか。

  


2017年04月27日

Six12 Shotgun アンダーバレルショットガン


結構良さそうな感じです。
  

Posted by sinn-te  at 12:13Comments(0)GUN類

2017年01月13日

2016年12月08日

旋盤が必要だ、だから旋盤用意する 07

だいぶ、やり方を忘れている旋盤加工したの20年以上昔だからな~



あと、旋盤自体の構造や固定も見直しが必要だ。

旋盤なんて作ると思ってなかったので、そもそも旋盤の構造的な問題点など
加工する側は意識しない物で、多くの場合与えられた機材として
旋盤をとらえているので、重心位置が高いとか共振性とかは気にしない物だ。

早々買い換えたり、改造などもせず、もっぱら旋盤を使って生産=製造する事を
勉強するので、旋盤メーカーでもなければ構造がどうだ?とか
意識しないのではないか?



加工して思った・・・

0.4kWではトルクが足りない。



ベルトを架け替えれば、トルクが出せるが、それだと回転数が落ちて作業時間が掛かる。
モーター買ってからの感想だが、アルミ程度でも2500rpmでφ25mmの外周加工するなら
0.4ではパワー不足になる。
送りが早すぎるとも言えなくは無いが、モーターをケチらずに0.75kWにしておけば良かった。

あと、チャックの保持が甘いのか外周が綺麗に行かなかった。
上の写真を撮影した後で、もう一度、仕上げなおしたが
最初にガッチリ噛んでやるべきだった。


加工の作業手順も間違っていて二方向から3回掴みなおす事になり
写真のパーツは精度の上では失敗した。
加工の内容は、大体合っているのだけれどね。



週末に、もう一度旋盤自体を調整して、下記の手順でやり直す予定

1.母材をガッチリ掴む、この時の軸精度はある程度で良い。(削って芯を出すので)
2.端面を整形
3.端面にセンターリング
4.端面に細いドリル
5.端面の穴を広げφ8mmxL11mmまで加工
6.円筒外周を整形、φ22mmxL35mmまで加工
7.L35mm 側の端から10mm角の対角長であるφ14.142mmに、端面の20mmの所まで加工
8.突っ切りでφ14.1421がL10mmの位置で切断
9.バイスで噛み、φ14.1421mmxL10mmの表面が10mmフラットになるまでフライス加工
10.10mmフラットを下に当て、反対面も10mm、そのまま両側面を面まで加工
11.面取りして完成

こうだな~これなら掴みなおしは「0回」で保持誤差は無くせる。
精度も出せる筈