2018年10月29日

SEECATとRISCONとその他

展示会は前日組みだったので、後半は色々見てまわり
有給も合わせて自腹でホテル取って翌日はゆっくり観光して帰りました。






引退したら気候の温暖な湖の畔でフライフィッシングやカヌー
副業で農園でも営みながら・・・的な意味で次世代農業機器展2018と6次産業展も視察してた。
大事なのは費用対効果の高いビジネスですよね。

自動化や効率化は物量戦や兵員でカバーする戦闘が時代遅れなのと同じで
日本も少子高齢化しているので、頭数で仕事する時代ではない。

ドローンやセンサーやロボット、自動機械で仕事をするのが
これからの日本のあり方のようです。


中には、引退できずズルズルとアドバイザーや顧問、シニアマネージャーとかで
業界に居たがる人も少し居るが・・・危険なのは若い人の仕事だろう。

前半苦労しておいて、後半は楽したいもんだ。







!! オススメ !!



同じカテゴリー(雑記)の記事画像
オフィスの輪ゴムでスリングショットクロスボウ
最強のピストルが判明した
今日のベルトサンダーの感想
習近平、国家主席を暗殺するなら?
理想と現実、3Dプリント銃
誘惑に負けて・・・02
同じカテゴリー(雑記)の記事
 チャイナ~ (2018-12-13 10:42)
 HMG(重機関銃)の精度とは思えない・・・大日本帝国陸軍 92式 (2018-12-01 16:44)
 DDH(ヘリ空母)改め・・・空母!!! (2018-11-27 15:15)
 これってFallout 76の? (2018-11-26 16:35)
 ジャベリン(投げ槍)で猪を狩猟 (2018-11-18 18:03)
 中々歴史的な動き 北方四島の返還に (2018-11-16 14:00)

Posted by sinn-te  at 15:44 │Comments(2)雑記ニュースとイベント

この記事へのコメント
「乗ってればOK」みたいなGPS誘導のハイテクトラクターを導入した人の話を聞きましたが・・・

故障率が高い (農家の使い方は基本的に荒い)
修理期間が長い (ハイテク機はローカル店じゃなく関東圏の工場やサービス拠点からメカニックの呼び寄せ)
修理費用も高価 (けっこうな頻度でコンピュータやセンサのユニット交換が数十万円レベルが発生する)

結果、「ハイテクは使い物にならんw」という戦訓らしくハイテク農業はまだ「近未来」の姿ですね。

ハイテクといっても農機は1000万とか2000万円程度の廉価レベルなので、巡航ミサイルとか無人機みたいに億単位になれば使い物になるのかも?
Posted by いぬっころ at 2018年10月29日 21:35
SEECATやRISCONは、ミッションクリテの関係で完成または完成度の高い商品が多いですが、農業分野や6次産業分野は、まだまだ挑戦的な試作が多かった。

伸びしろがあるが、使う方は企画や規格が定まっていないので、大規模参入や導入は難しいものが多いですね。

「小さく儲ける」為の試行錯誤を感じました。
防衛などのような億単位の商談でドンドンではないです。
(少し面倒ではある)
Posted by sinn-tesinn-te at 2018年10月31日 13:26
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。