2018年06月11日

日立ベビーコンプレッサPA800Sレストア 02

左列のカテゴリー分類でコンプレッサーなどの空圧工具エアツールのカテゴリーと
溶接機、プラズマカッター、TIGなどの為の溶接カテゴリーを作って登録し直してます。



元から、作業場でのエアツール利用を想定しているので、分岐用エアカプラーも増設



スパイラルホースも増やして、テストしたが、問題なく使えそうだ。
しかし、スパイラルエアホースの3mって・・・・総長が3mって事なのねw
短い!!
巻いた状態で3mと思って購入したら、思ったより短くてびっくりした。
5mでも1m位しか無いと思う。

設備的にはもう少し長い物が必要だろうな。


上記まで、組んで、エアーを一旦全部抜いてから再始動すると
やはり、空気が流れる部分(ホースやカプラ)が増えた分だけ、気圧が上がるのが遅くなった。
元々のタンク容量が低いので、0.7MPaでエアダスターを多用すると、直ぐにエア切れを起こす。

数分も使えない事から考えると、もっとタンク容量を増やすべきだろう。
せめて今の倍は必要だ。

連続運転時間が30分以下と指定されているが、前/前々のオーナーがオーバーヒートさせて
ケーブルを溶かしていたのは、運用時間をオーバーさせた結果だと思われる。

また、オーバーヒートで銅線が加熱するのも、配線に利用されているケーブルがSQ0.75で
定格連続運転の電圧と電流に対応できていない為だ。

連続定格の場合はVCTFのSQ0.75では1kw(10A)は流してはいけない事になっている。
(0.5A~0.7Aで500W~700Wまで)

つまり「連続で使わなければ発熱放熱するから、大丈夫」で設計されているモノを
半連続状態で利用した為に、ケーブルが発熱して、金属部分や樹脂部分に張り付き溶融
その結果、ケーブル内のワイヤーが露出して、ショートの危険状態になったと考えられる。


また、設計上楽にする為に、コンプレッサー用のモーター軸から空冷ファンの動力を取っている。
この設計はグラインダーやインパクトドリルなどでも見られるが、最大の欠点は
本体が加熱していても、モーターへの通電が切れると冷却できない。

このような据え置き機器では、冷却は常時行う位で良い筈だ。

(改造した溶接機も、冷却ファンは常時オンにしている)


ケーブル交換とコンデンサー交換、圧力スイッチ交換、冷却ファン増設、シールし直し
これが、このベビコン エアパンチ PA800Sに必要な改善手術の内容ではないかな


因みに、今の所、コレだけやってますが、使った費用は
コンプレッサー本体 3000円
送料 1800円
ダスター 1200円
ホース 1000円
スパイラルホース 1200円
カプラ 1200円
レギュレーター 5000円
と、1.5万以下で環境が揃えれています。

1.2MPaベースの空圧工具環境が2万円以下なら、お得な買い物と言えるでしょう。
さて、残りの改修作業を進めなければ。






!! オススメ !!



同じカテゴリー(工具・工作機械)の記事画像
日立ベビーコンプレッサPA800Sレストア 01
これから、やる事
S-1でも太さが
スター電器REDGO120SSY-122Rレッドゴー溶接機改造 13 TIG化
スター電器REDGO120SSY-122Rレッドゴー溶接機改造 12 TIG化
新兵器 ボッシュのスゴイ奴
同じカテゴリー(工具・工作機械)の記事
 修理中にコンプレッサー吹き飛ぶ (2018-07-02 10:22)
 日立ベビーコンプレッサPA800Sレストア 01 (2018-06-10 15:35)
 これから、やる事 (2018-06-04 12:45)
 S-1でも太さが (2018-05-22 17:24)
 スター電器REDGO120SSY-122Rレッドゴー溶接機改造 13 TIG化 (2017-12-05 12:49)
 スター電器REDGO120SSY-122Rレッドゴー溶接機改造 12 TIG化 (2017-12-01 12:27)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。