2017年03月10日

「マルテンサイトから壊れる」金属の破壊を知る

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/mag/15/397260/030200150/



刃物鋼に死活の安全性を求める事は、近年マレだ。

折れる硬い日本刀よりも、折れないナマクラな日本刀の方が使える。とされたのは
この辺の理由もあったり、そもそも刃物の構造で全鋼(丸鍛え)や「かぶせ」や4方詰が分かっていない
時代小説家が作った話だ。


優れた鍛接が出来ているなら、そりゃ芯(心)鉄、皮鉄、刃鉄で適材適所の構造で作れるに
越した事はない=(全鋼やステンレス鋼ではない作り)

また、圧延ロールやプレス機、誘電炉とかで
ステンレス鋼(刃)+バネ鋼(芯)+高耐蝕ステンレス(皮)の3鋼とか作るなら
日本刀を機能面や性能面で凌駕する、日本刀だって作れる。
折れない、曲がらない、切れ味が落ちない、錆びない。
(そう言う、戦闘用刃物鋼は作る事が無い)

だが、今頃その必要性があるのか?刃物で戦闘する時代は、終わってた。
経済性の無い開発や製造は利益性から必要とされない。

今の日本刀や打ち刃物は、この21世紀、この時代で「最高の物」ではない。
過去の周到、歴史の再現、芸術・工芸品であり古き良き文化なのだ。


今の時代の最高の本物、または本物に近いモノを求める人からすれば、少々残念な世界だ。
(上の究極の刃物鋼は、複合材になるので焼き入れも非常に面倒になる。
まあ、焼き土を盛る手焼き入れか、レーザーとオイルシャワーとかだろう?)






!! オススメ !!



同じカテゴリー(雑記)の記事画像
戦場1対99のFPS 16 PUBG ドン勝ラッシュ
戦場1対99のFPS 15 PUBG 何で直ぐ死んでしまうん?
戦場に1対99のFPSを遊ぶ 14 PUBG 戦闘効率と生存率
追加で欲しい装備サーマルとアクセスログ雑記
これは、お徳 レザーハンドル材
戦場に1対99のFPSを遊ぶ 14 PUBG 進化する戦闘と変わらないアノ国
同じカテゴリー(雑記)の記事
 横田基地にA-10来てるけど北朝鮮潰しに行くの? (2017-05-26 21:00)
 戦場1対99のFPS 16 PUBG ドン勝ラッシュ (2017-05-26 19:03)
 核によるEMP爆弾(HEMP) (2017-05-26 09:15)
 お~中核活動家逮捕か!警察の努力の結果だ (2017-05-24 18:53)
 分裂細分化、だが弱体化に? (2017-05-23 18:00)
 戦場1対99のFPS 15 PUBG 何で直ぐ死んでしまうん? (2017-05-23 11:12)


この記事へのコメント
面白い内容でした!(≧▽≦)
今まで、なんとなく皆がモヤモヤして口に出来なかった事を、誰かが空気を読んで言っちまった様な感じですなw(*´▽`*)
しかも、十分な解説付きでw(=゚ω゚)ノ

これからが面白くなりそうだ♪ もともとスクラップ材を主体にしているから、材料の質が向上するのはこの上ない!
Posted by ゼロ鍛冶ゼロ鍛冶 at 2017年03月10日 21:05
臺丸谷 政志 著 書籍「日本刀の科学」でもマルテンサイトについて言及してましたね。
虎徹しかり村正しかり、古今東西の古刀名刀よりも現在の技術で作られた刃物の方が、日本刀よりもあらゆる面で凌駕するのは事実。
しかし日本刀が今なお、「神秘的」な存在として扱われている理由は、
貴方の仰る通り歴史、工学、工芸、文化と多岐に渡って我々を魅了しているからでしょうね。

打って変わり、上記の書籍は
なぜ日本刀がこのような形状になったか?
日本刀の製作はなぜこの手順で行われてきたのか?
を「科学的」に考察した目から鱗の書籍です。一読ならせてみてはいかがでしょうか?
Posted by コメント失礼します at 2017年03月11日 17:20
その「日本刀の科学」ですが…
コラムでウーツ鋼を「現代の技術でも再現できず、かつはるかに優れた神秘の鋼材」という扱いをしていますが、これは間違いです。
ウーツ鋼は所詮屑鉄の集合体でしかなく、カーボンナノチューブ構造は不純物の残りカスです。模様の出る原理も正しく解説していなかったと思います。

一読した感想としては、「日本刀については工学的な目で見ているが、結局玉鋼信者の書いた書物」感が拭えません。
面白い書籍ではありますが、若干金属工学に関する記述が古かったりと、最新の知識を得るには不足かなぁと思います。
Posted by 通りすがりに失礼致します at 2017年03月12日 14:27
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。