2015年09月26日

古鉈レストアもう一度鉈として…01’

乾燥待ちをしながら、また研ぎを行っていました。

ベルトサンダーは平面な様でも、差し金を当てると僅かに
コンベックスになっていたり、ホローになっていたりするので
#1000~#3000の砥石を当てると、凸凹が目立ちます。

気分で、かれこれ6時間目に突入しています。

どれだけ研いでも、研げているのか実感が無かったんですが
ブログの過去の画像と比較すると、研げている。と感じてきました。



こちらが、入手後1~2時間作業目の状態


これで4時間目


コレが今の状態



ついでに、ブルーイングして身の錆び発生を抑えています。
元々、軟鉄なので錆は出にくいようですけど、一応気分的な装飾として
黒染めにしてみました。


鞘の乾燥待ち・・・あと7時間もあるので
それが終わったら、#1000で研磨して、また塗装して8時間後に、もう一度研磨して・・・

今回は、速乾性では無いのです。
最後は24時間かかるので・・・ふふふっ

何をしているか?
分かりましたか?

ヒント1.乾燥に時間がかかる
ヒント2.輪島市で材料も購入してきた。
ヒント3.鉈の鞘を今を作っている。

明日の晩には、見せられると思います。







!! オススメ !!



同じカテゴリー(ナイフ・刃物全般)の記事画像
ナイフグリップの接着と仕上げ中
夏休みに弓を作る人にコンパウンドの説明
今見たら、金属高騰している?
これは、お徳 レザーハンドル材
FTユーティリティーナイフ 15 シース(鞘)結局いつもの
FTユーティリティーナイフ 14 グリップ整形
同じカテゴリー(ナイフ・刃物全般)の記事
 ナイフグリップの接着と仕上げ中 (2017-11-19 20:14)
 夏休みに弓を作る人にコンパウンドの説明 (2017-07-26 08:02)
 今見たら、金属高騰している? (2017-07-03 13:06)
 これは、お徳 レザーハンドル材 (2017-05-09 13:13)
 FTユーティリティーナイフ 15 シース(鞘)結局いつもの (2017-04-16 12:00)
 研磨材 3M キュービトロン2 (2017-04-15 09:10)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。