2015年09月19日

古鉈レストアもう一度鉈として…00’

あれ?
前にも同じ事を言っていたような・・・デジャヴかな?

ともかく

古い鉈をまとめて数本ゲットしてきたので
これをレストアして使えるようにしようかと思います。





あまりに、錆が出ていたのでサンドペーパーの#240で錆を大まかに落としました。
後、刃の方も丸まっていたので、LANSKY(ランスキー)でダイアモンドの砥石で削り落としました。
背のダメージが有り身が盛り上がっています。




裏スキがされている、片刃の小型に相当する鉈です。
全鋼ではないと思いますし、背の部分もダメージがこちらも有ります。

削れるか?
打ち直せるか?
(と言っても冷間鍛造=物理力ですけど)

それは、やってみなければ分からないです。





銘が彫ってあるんで、読む努力をしてみましたが・・・また後で確認します。

まずはハンドディスクグラインダーで#60 #120 #240
ベルトサンダーで#240 #400※
(※ 今回メーカーに無理言って特注して作ってもらったwwwありがとうございます。)
削っていきます。





この打痕によって出来た部分も丁寧に削ります。
角度を間違えると、峰なんかも削ってしまい、刃厚が薄くなるので丁寧に…
あと、銘も削らないようにですね~






はい、削れました。
鍛造跡が結構残っているし、何か硬いモノが当たった傷が多くありますが
深いので、そこまで削らず、錆び落としと細かな傷を落としただけにしました。
二つ上の画像と比較すると、一目瞭然です。





背も、打撃に強くするために、大きなRにしてあります。
こちらは#400でヘアライン仕上げにしておきました。





砥石を当てて確認しましたが、この持ち主は、良い使い方をしていたようです。
綺麗に研いできた跡があり、まだ、大きな修正も必要なく使えそうです。
(刃毀れが結構あるので、これから研ぎ直さないと行けませんけどね。)





さて、鍛接あとを見ると・・・これは綺麗に融着しているし、異物も無く境目も分からない程です。
良い仕事しています。

しかも、裏面の刃金も、鉈全体の1/4まで入っていて、普通に数十年は使えそうな作りです。
良い鍛冶職人のモノではないかな~と思っています。






んんんんん^^^^^^
タガネを入れて、名を掘り始める場所と言うのは、そうそう外さないと思います。
特に、1画目の場所は、書き始めの位置なので、正解になるとして・・・
2画目以降は、感覚になる事が多いので、上下左右ズレた位置に筆が来る事もあるとして・・・

美ミ
農ノウノ
国クニ
宗ソウ
兵ヘイ
作サク


でしょうか?

残念ながら、持ち主は亡くなっているので、確認は出来ない物ですが
誰か、この鍛冶さんを知って居ればURLとかくださいね。
  


2014年12月19日

Old-Axe を発見した…07 斧の鞘(シース)

予定通りw
やっぱり同一位のサイズだった。



まるで、専用みたいな出来だ。
シース作ろうか?と思っていたけど、皮やカイデックスよりも良い感じのが
US Army用で有ったので、そのまま買って来て流用しました。




使う時は、ボタンを外して上から抜きます。
ベルトやモールに固定する事もできて、本物米軍用なんで雰囲気も良いです。  


2014年12月15日

Old-Axe を発見した…06 使用する

打ち刃物を修理したのなら、当然、使ってみない事には
この斧が使える鋼なのか?それとも屑鉄なのか?分からないじゃない?



なので、山へ行って使ってきました。

乾燥した倒木を集めて、薪を作っていたのですが
太もも程の太さの木を分断するのは相当に大変でした。

やはり斧は繊維の縦方向にはメッポウ強いが、横方向から切断に関しては
殆ど刃が食い込まない代物のようです。(刃角が浅い=その分丈夫ですけどね)

なので、この写真の太さは頑張って切断しましたが、太い木材は鋸も使いました。
しかし、刃持ちは良く刃こぼれ一つ起きずに最後まで使えました。

これは良い鋼を使っているようですね。

もっと~パーンと切れるか?と期待しましたが結構普通www
小さい斧ですから、薪を作ったり、枝を落とすのが本来の仕事なんでしょうね。



使い終わったら、砥石を掛けて、油を塗って保管すると長く使えると
昔爺さんに聞いた気がするので軽く砥石をかけて油を塗っておきます。  


2014年12月05日

Old-Axe を発見した…05 楔


柄の先端をフライスした所から実際の
穴に合わせて削りました。
ある程度合わせていたので数ミリの
調整で入りそうなので
一気に削って、ヒツに打ち込んで完成させました。


元々の柄よりも太く大型の柄に交換し、形状も変えました。
重心バランスは良くなったし、操作性も良い気がします。

ちょっと薪を割に行きたい所ですが、今週は雪とか雨の予報ですから無理かな~



楔は、この形で作りました。
ビビってましたが、作り方が分かると早々難しいモノではないようです。


後は使うだけです。  


2014年11月25日

Old-Axe を発見した…04 SAN値

詳しく調べた所、この斧は「小割斧」に属するようです。

また、切斧のヒツ(柄を差し込む穴)には長方形の「並ヒツ」が採用されており
斧の上峰が直線で下峰が円弧の形と、刃に刻まれた「七ツ目」から

この斧の生産地は「土佐」で「土佐打刃物」と言う事がわかりました。

残念ながら、今はそこまでですけど、最初に刺さっていた柄の
角度が間違っていたので、放射状の刃だと勘違いしていました。

本来は上峰が柄に対して直角に付けるのが正解なので
今の柄も、正しい角度になるように削って付けようと思います。


こういう特徴を出して作ってくれていると、形や様式から
何処の刃物か?わかるので・・・ブランド化から考えると良い方法ですね。
(もちろん、意匠・商標を取らなければ意味はないですけどね)

斧
(長い斜め条と長短の三本)

斧2
(コッチ面に四本)

斧の片面に長い三条、もう片面には四条の刻みを入れ魔除けとする。
刻みは合計七条で、これが「七つ目」と呼ばれている刻みです。

祟りを避ける呪術として、三条側の一条に斜線の一本を加えて彫刻し
三条の中の一条を長めに彫刻し
三条の長さを不揃いにする仕来りがあります。

七つ目の由来については、三種の神器の一つで武力の象徴である
「天業雲剣(あめのむらくものつるぎ)」を造るときに始まると言われています。

と言う事なので、ほぼ間違いないかと


//////////////////////////////////////////
そろそろ、クサビの技術も使わねばならないのだな~
木工技術の技である、クサビで固定するのは精度や加工技術が必要なので
神経を使いそうだ。




前に入れるパターンや中央のパターンも有ればクサビを十文字に入れたりと様々な方法があるのですが
今回の小割斧は幅が12mmなので十文字入れるのは困難だと思うので先の2パターンのどちらかにしなければ
なら無いだろうな。